ソニー、パワーや安定飛行が自慢の自社開発ドローン「Airpeak」を公開

ソニー、パワーや安定飛行が自慢の自社開発ドローン「Airpeak」を公開

  • MdN
  • 更新日:2021/01/14
No image

Airpeak

ソニー株式会社は、同社が推進するAIロボティクス領域でのドローンプロジェクトにおいて、独自開発のドローン「Airpeak」の機体を初公開した。

オンラインイベントとして開催されている電子機器見本市「CES 2021」でお披露目となった「Airpeak」。

ソニーが培ってきたイメージング、センシング、AI ロボティクスなどの技術を結集した機体になっている。

「CES 2021」公開時のキャッチコピーは、『フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」搭載可能機体として「世界最小クラス」』というもの。

小さな機体で、フルサイズミラーレスを搭載して飛び回ることができる、パワーの大きさや安定飛行をアピールしている。

「Airpeak」のプロジェクトは、2020年12月からプロフェッショナルサポーターを募集してフィードバックを得たり、商品化に向けた共創活動を行うとしている。

多くのユーザーが待ち焦がれる一般発売まではまだしばらくの時間がかかりそうだ。

発表資料
URL:https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202101/21-003/
2021/01/14

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加