災害後の課題 SDGsの視点から解決へ 中学生と高専生が合同授業 呉市

災害後の課題 SDGsの視点から解決へ 中学生と高専生が合同授業 呉市

  • 広島ホームテレビ
  • 更新日:2022/06/23
No image

災害後に起こる地域の課題をSDGsの視点から解決しようと、西日本豪雨で被災した中学校で授業が行われました。

天応中学校の生徒80人と呉高専の生徒6人が参加した授業は、SDGsの視点から災害後に起こる課題の解決策について考えるものです。

西日本豪雨で大きな被害が出た天応地区では被災後、道路の寸断や断水などさまざまな課題が発生しました。

天応中生徒「(当時は)水が使えなくてお風呂に入れなかったり、トイレが使えなかったりした。災害を知らない人たちに教えたり、どういうことが怖いかを伝えていきたい」

この授業は5回にわたって行われ、今後生徒は災害に強い街づくりを目指し、伝承活動などに取り組む予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加