札幌日大7年連続の全道出場、エース前川が初完投

札幌日大7年連続の全道出場、エース前川が初完投

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

1失点で初完投勝利を挙げた札幌日大エース前川佳(撮影・保坂果那)

<高校野球秋季北海道大会:札幌日大3-1東海大札幌>◇15日◇札幌地区Cブロック代表決定戦◇円山球場

昨秋全道準Vの札幌日大が7年連続で地区を突破した。

エース前川佳央(2年)が東海大札幌打線を5安打1失点に抑え、公式戦初完投勝利を挙げた。1回に3点を先制し、最後までリードを守りきった。「苦しい場面もあったけど、粘って投げられたのは収穫」と、初めて投げきった9イニングで自信を高めていた。

▽5回裏2死二塁、三遊間を抜けそうな打球に飛びつき好守を見せた札幌日大主将の田中銀河遊撃手(2年) 前川が打たせて取る投球をしてくれ、守備から攻撃に流れをつくれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加