Hey! Say! JUMP有岡大貴:映画「シン・ウルトラマン」はウルトラマンの“入門” 「この作品で出会ってほしい」

Hey! Say! JUMP有岡大貴:映画「シン・ウルトラマン」はウルトラマンの“入門” 「この作品で出会ってほしい」

  • MANTANWEB
  • 更新日:2022/05/14
No image

映画「シン・ウルトラマン」の初日舞台あいさつに出席した有岡大貴さん (C)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ

人気グループ「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴さんが5月13日、東京都内で行われた映画「シン・ウルトラマン」(樋口真嗣監督)の初日舞台あいさつに、主演の斎藤工さんらと出席。非粒子物理学者の滝明久を演じる有岡さんは「入門というかウルトラマンを好きになるきっかけ、入り口になる作品です。この作品でウルトラマンと出会ってほしいなと思います」とアピールした。

【写真特集】笑顔の有岡大貴が爽やか! かっこいい!

「シン・ウルトラマン」は、庵野秀明さんが企画・脚本を担当。2016年公開の大ヒット映画「シン・ゴジラ」を手がけた庵野さん、樋口さんが再びタッグを組む。巨大不明生物・禍威獣(カイジュウ)が次々と現れ、その存在が日常となった日本が舞台。日本政府は禍威獣対策のスペシャリストを集結し、禍威獣特設対策室専従班、通称・禍特対(カトクタイ)を設立。禍威獣の危機が迫る中、大気圏外から突如銀色の巨人が現れる……というストーリー。

禍特対に所属する滝に扮(ふん)する有岡さんは、難しいせりふを言ったり、長い数式を書き連ねたりするシーンがあったといい、「禍特対の皆さんがすごく和気あいあいとしていて、ちょっとした空き時間でもおしゃべりしていたら、『練習しますよ』と専門家の方に僕が呼び出されるんです。それが少しさみしかったです」と振り返っていた。

長澤まさみさん、西島秀俊さん、有岡大貴さん、早見あかりさん、樋口監督も出席した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加