岡田健史のサッカー少年姿&清原果耶の熱演シーンも『望み』メイキング映像解禁

岡田健史のサッカー少年姿&清原果耶の熱演シーンも『望み』メイキング映像解禁

  • クランクイン!
  • 更新日:2020/10/16
No image

映画『望み』メインビジュアル<画像を拡大する>

俳優の堤真一が主演を務め、石田ゆり子岡田健史清原果耶と家族役で共演する現在公開中の映画『望み』より、メイキング映像が解禁。岡田のサッカー少年姿や、清原が感情を露わにする娘を熱演するシーンの裏側などを捉えている。

【写真】真剣な表情で監督の指示を聞くキャストたち『望み』メイキング写真

作家・雫井脩介による同名小説を実写化する本作は、誰もがうらやむ理想的な家族の日常が、息子の失踪をきっかけに一変するミステリー。堤幸彦監督がメガホンをとり、脚本は奥寺佐渡子が担当する。

一級建築士の石川一登(堤)とフリー校正者の妻・貴代美(石田)は、一登がデザインを手がけた邸宅で、子ども2人と幸せに暮らしていた。冬休みのある晩、息子の規士(岡田)は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。翌日、同級生が殺害されたというニュースが流れ、警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。行方不明者は3人。そのうち犯人とみられる逃走中の少年は2人。息子は犯人なのか、それとももう1人の被害者なのか。

今回解禁されたメイキング映像は、学校に向かう兄の規士(岡田)と娘の雅(清原)を、父の一登(堤)と母の貴代美(石田)が見送るシーンの撮影風景からスタート。続いて、家の門の前で4人が家族写真を撮影する姿、堤監督が食卓での撮影中に細かい指示を出している様子などが続く。さらに、清原が感情を露わにする雅を熱演する姿、サッカーの練習でグラウンドをかけまわる規士を演じた岡田が、最後にさわやかな笑顔を見せる姿も捉えている。

撮影中に堤監督から細かい指示を受けていた主演の堤真一は、監督との初タッグについて「現場入りして、その日の撮影のイメージを伝えてくれる監督は初めてで、すごく丁寧に感じた」と感想をコメント。石田は「順撮りで撮影がおこなわれていたので、感情の移り変わりがほんとうにリアルで見る方は1秒も目が離せない映画になるのでは」と堤監督との撮影を振り返りつつ作品をアピール。

清原は、これから映画を見る観客に向けて「深く見入っていただけたら嬉しい。本編では本当の家族というのも描かれているので、そういったあたたかい部分にも触れてほしい」とメッセージ。また、高校時代は野球部の捕手として活躍していたが、本作ではサッカーに挑戦した岡田は、現場の印象について「スタッフの皆さんのプロ意識の高さに圧倒されて、尊敬しました。こんなすごい現場に参加することができて幸せです」と思いを述べている。

映画『望み』は公開中。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加