エチケットブラシを作る、「100周年を迎えた会社」の技術がスゴイ

エチケットブラシを作る、「100周年を迎えた会社」の技術がスゴイ

  • TBS Topics
  • 更新日:2022/11/25
No image

100周年を迎える会社のエチケットブラシ

2022年に100周年を迎える「日本シール(株)」が作っているのは、洋服のゴミを取る「エチケットブラシ」。これは、同社の登録商標でもあります。

No image

累計販売本数は、1959年の発売開始以来、約7000万本にのぼるとのこと。

エチケットブラシの要になるのは、「モケット」といわれる毛先の立った生地の部分です。

No image

日本シール(株)が作るものは、モケットにあるパイル糸が倒伏してワシ爪のようになっていることから、洋服のゴミをキレイに取ることができるそうです。

No image

ちなみにこうした毛先のものを作るのは、日本シール(株)にしかできないことだとか。

儲かりの柱は他にも

エチケットブラシ以外だと、掃除機ブラシも作っているという「日本シール(株)」。実は年商の6割は、家電部品が占めているといいます。

No image

そんな会社の年商は、現在15億円ほどだそう。長年培った技術を活かしてこれからもますます伸びていきそうな会社です。

TBSで毎週日曜日に放送されている『がっちりマンデー‼』では、このほかにもさまざまな企業や業界など経済に関する情報が紹介されています。

がっちりマンデー!!

日曜あさ7:30~

番組サイトへ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加