東海大相模が関東切符!門馬監督が練習中負傷で入院、指揮官不在の中...代行の遠藤愛義コーチ「ホッとした」

東海大相模が関東切符!門馬監督が練習中負傷で入院、指揮官不在の中...代行の遠藤愛義コーチ「ホッとした」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇春季高校野球神奈川県大会準決勝 東海大相模14―5日大藤沢(2021年5月3日 横浜スタジアム)

No image

センバツで優勝しインタビューに応じる東海大相模の門馬敬治監督

今春センバツを制した東海大相模が14安打の猛攻で決勝進出を決めた。

門馬敬治監督が前日の練習中、ボールが首付近に直撃し、入院。この日は遠藤愛義コーチが監督代行を務めた。遠藤コーチは「かなりホッとしました」と関東大会出場を喜んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加