シバターVS久保優太「再戦」も!? RIZIN“八百長問題”おとがめなしはフジテレビへの忖度か

シバターVS久保優太「再戦」も!? RIZIN“八百長問題”おとがめなしはフジテレビへの忖度か

  • 週刊実話Web
  • 更新日:2022/01/15
No image

(画像)Roquillo Tebar / shutterstock

昨年大みそかの格闘技イベント『RIZIN.33』で噴出した人気ユーチューバーでプロレスラーのシバターと元K-1王者・久保優太の〝八百長疑惑〟が、ようやく終息した。

【関連】那須川天心「RIZINラストマッチ」対戦相手が五味隆典…フジテレビ局内に落胆の声ほか

RIZINの榊原信行CEOが11日、公式YouTubeでコメントを発表。「2015年にRIZINを立ち上げて、ここまで6年間、天地天命に誓って八百長なんて1試合もない」【発言ママ】と断言した。

さらに、「ファンや選手にイヤな思いをさせてしまったことに対しては申し訳ないなと思います。ただ、そんなこと(八百長)はないので大丈夫。安心してください」と謝罪。問題をしっかり精査した上で、両選手に対して「処分を下さない」ことを明言したのだ。

スポンサーに説明がつかない

一方、当事者の1人であるシバターは、13日に自身のYouTubeチャンネルを更新。「今回の件を重く受け止め、活動休止します。このチャンネルをしばらく休止したいと思います」と宣言した。

決断の理由については、「誰もシバターに罰を科さないのなら、RIZIN運営もシバターに罰を科さないのなら、自分で自分を罰するしかないと思いまして。しばらく、広告収入を頂ける動画活動というものを休止しようと思います」と明かしたのである。

「シバターが言うことですからね(笑)。動画では、神妙な表情で〝無期限活動休止〟と言っていましたが、明日にでも復帰したっておかしくない。そもそも、八百長を持ちかけた久保にも『ユーチューバーの言うことなんか、まともに聞いちゃダメだ』と諭していたくらいですから」(格闘技ライター)

今回、RIZINが両選手の処分を避けたのは、「フジテレビへの忖度ではないか」との見方もある。

「今回は、しっかり榊原氏が〝防波堤〟になって騒動を収めたが、この問題がドロ沼化していた場合、フジも中継の際のスポンサーや関係各所への説明責任を求められていたはずです。最悪、スポンサー数社が撤退する事態もあり得たかもしれませんよ」(同・ライター)

もともとシバターと久保の一戦は、体重差もあるため、最初から〝真剣勝負〟ではなく「エキシビション」的な扱いだった。このことは格闘技好きの視聴者なら重々承知だったはずで、それも救いになったはずだ。

「とはいえ、シバターと久保の再戦を組めば、注目されることは間違いない。ある程度の視聴率も見込めるでしょうから、うまく〝火の粉〟をかぶらずに済んだフジとしては、おいしい展開と言えそうです」(同・ライター)

シバターは、一連の騒動について格闘家や格闘技関係者が関連動画や記事をアップすることでカネを稼げたと主張。「自分がお金を落としている」とまで言っているようだが、再戦が決まればフジテレビにもさらなる恩恵を与えることになるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加