「待ちに待っていた」2年ぶり“寒中みそぎ祭り” 海に飛び込み修行 豊漁豊作を祈願

「待ちに待っていた」2年ぶり“寒中みそぎ祭り” 海に飛び込み修行 豊漁豊作を祈願

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/01/15
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

北海道南部の木古内町で約200年続く神事、「寒中みそぎ」が開かれました。

水温4度の津軽海峡に飛び込む「行修者」と呼ばれる4人の若者。

2021年、コロナ禍の影響で中止となっていた修行、海中沐浴が2年ぶりに行われ若者が2022年の豊漁豊作を祈りました。

見に来た町民:「ありがたい行事で待ちに待っていた。開催できたことに感謝です」

行修者の家族:「すごいかっこいい。やりたくなりました」

最後に若者たちが冷水をあび、ご利益のあるという水が観客にまかれました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加