「えらい少ないな...」大雪の影響で品薄状態 山陰地方のスーパーなど 8割届いていない食品も 島根県松江市

「えらい少ないな...」大雪の影響で品薄状態 山陰地方のスーパーなど 8割届いていない食品も 島根県松江市

  • 日本海テレビ
  • 更新日:2023/01/25
No image

山陰地方で降り続いた大雪によって発生した道路の通行止めなどによる物流の停滞。山陰のスーパーでは商品が品薄状態となっている。

山陰地方で降り続いた大雪によって発生した道路の通行止めなどによる物流の停滞。山陰のスーパーでは商品が品薄状態となっている。

伊藤裕介記者:「松江市のスーパーに来ているのですが、こちらの棚を見てみますと雪の影響でまだ商品が入って来ていません」

みしまや楽山店 松浦寛店長:「悪天候の影響で交通の便が止まってしまって入荷がありません」

取材した松江市内のスーパーでは、大雪で物流がストップ。パン類が品薄状態に。取材した25日正午時点では、商品を積んだトラックが県内に入ってきておらず、朝入荷する予定だった商品のうちの8割が店舗に届いていなかった。

客:「パンを買いに来たけどえらい少ないな。売れたからかと思った。しょうがない、めったにないことなので」

さらにカップ麺や冷凍食品を運ぶトラックも店舗まで辿り着くことができていないという。客足も通常の7割ほどまで落ち込んでいた。

みしまや楽山店 松浦寛店長:「想定はしていたけど、ここまで入らないとなると…。お客様にご迷惑をかけてしまって申し訳ないです」

こちらのスーパーでは、カップ麺やパン類は26日以降届く見込みだという。

わたしたちの暮らしに大きな影響を及ぼしている今回の寒波。

1月25日の最低気温は、

・米子でー3.9℃

・松江で―3.8℃

・出雲で―3.6℃

など今季最低を観測した。

1月26日の朝も山陰各地で氷点下となる予想だ。気象台は、積雪や路面の凍結による交通への影響、水道管の凍結などに注意するよう呼びかけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加