ソ・ジソブ、「ドクター・ロイヤー」痛快”反転ドラマ”...2次ティーザー公開で期待急上昇

ソ・ジソブ、「ドクター・ロイヤー」痛快”反転ドラマ”...2次ティーザー公開で期待急上昇

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/05/15
No image

ソ・ジソブ、「ドクター・ロイヤー」痛快”反転ドラマ”…2次ティーザー公開で期待急上昇(画像提供:wowkorea)

「ドクター・ロイヤー」ソ・ジソブのジェットコースターのような運命が、ついに始まる。

6月3日に韓国で初放送されるMBC新金土ドラマ「ドクター・ロイヤー」は、仕組まれた手術ですべてを奪われ弁護士になった天才外科医と、医療犯罪専門検事のメディカルサスペンス法廷ドラマだ。 医学と法廷との結合を通じて一瞬も目が離せない“没入度マックス”ドラマの誕生を予告し、熱い期待を集めている。

放送に先立って公開された「ドクター・ロイヤー」2次ティーザーでは、3人の主人公ソ・ジソブ(ハン・イハン役)、シン・ソンロク(ジェイドン・リー役)、イム・スヒャン(クム・ソギョン役)をめぐる暴風級のストーリーが暗示された。 何よりも吹き荒れる展開の真っただ中に立ったソ・ジソブの凄絶な運命と演技力が視線を奪う。

自信あふれる天才外科医ソ・ジソブで始まる2次ティーザーは、そんな彼に”すべて自分が責任を取る”と誰かが手術執刀を依頼し、ソ・ジソブは「信じます」と答える。尋常でない手術であることが暗示された中、突然緊迫した状況に転じ、ソ・ジソブは結局一人の死を目撃してしまう。 「亡くなりました」と唇をぎゅっと噛むソ・ジソブの姿に不安感が湧き上がる。

しかし、波乱万丈の展開はそれが始まりに過ぎない。 一瞬にして犯罪者になって法廷に立ったソ・ジソブは結局刑務所に収監される。 その後、ブラックスーツを着て現れたソ・ジソブにイム·スヒャンは鋭く割れたグラスを突きつける。 彼女の目には凄絶な怒りが満ちていて、彼らの間に一体何があったのか好奇心を高める。

この時、医師から犯罪者になって再び出てきたソ・ジソブを見守る人物、シン・ソンロクが登場する。 ベールに隠された、それゆえにさらなる好奇心を誘発する致命的なシン・ソンロクは「ハン・イハン、医療専門弁護士」と呼び、意味深長な笑みを浮かべる。 短いが強力なシン・ソンロクの登場を通じて、ソ・ジソブとシン・ソンロクの関係、シン・ソンロクが隠している真実に対する好奇心が高まる。

続いて「ドクター・ロイヤー」というタイトルのように弁護士になって帰ってくるソ・ジソブの姿を最後に2次ティーザーが終わる。 「なにをそんなに驚くんだ? 一生現れないと思ったのか?」と話すソ・ジソブの余裕のある声、法廷に入ってくるソ・ジソブの自信満々な足取り、余裕の後に隠した爪のように強烈に輝くソ・ジソブのまなざしまで、彼がドラマで繰り広げる痛快な反転に期待が集まる。

一方、MBCの新金土ドラマ「ドクター・ロイヤー」は6月3日金曜日午後9時50分に韓国で初放送される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加