新型コロナ「第3波」の特徴は、クラスターが飲食店だけでなく、家庭、職場、学校、外国人コミュニティーなど様々な場で起きていることだ。どう防いだらよいのか。医療現場の戦いを追う。

新型コロナ「第3波」の特徴は、クラスターが飲食店だけでなく、家庭、職場、学校、外国人コミュニティーなど様々な場で起きていることだ。どう防いだらよいのか。医療現場の戦いを追う。

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/11/20

新型コロナの感染拡大に、強い危機感が広がっている。神奈川県川崎市の聖マリアンナ医科大学病院では、先月(2020年10月)までは週2、3人だった感染患者の受け入れが、11月に入っての1週間は6人に急増した。70代と80代が3分の2を占め、重症度も若い人より数段高い。コロナ病棟の集中治療室17床中12床がすでにうまった。重症から中等症まで回復しても、患者の転院を断られるケースが増えたことも大きいという。

No image

コロナの感染拡大で他の病気の患者や外来患者が減り、多くの病院が赤字だ。このうえ万が一院内感染となれば、経営が立ちいかない。「コロナを診ると他の患者が減る。できれば避けたいとみんな思っている」(同大学病院救命救急センター長の藤谷茂樹医師)状態で、負担が特定の病院にのしかかる。医療崩壊の危機が現実味を帯び始めている。

ススキノから職場、学校、高齢者施設にと一気に広がった札幌

この1週間、1日あたりの新規感染者数は14都道府県で過去最多を更新した。現状を静岡県の川勝平太知事は「まさに最大の危機的局面にある」と語り、横浜市の担当者は「どこに感染者がいてもおかしくない状態」と評した。

北海道では、9月に5件、10月に25件のクラスター(集団感染)が発生、多くが札幌市の繁華街ススキノだったが、11月は2週間で50件も起き、それも職場や学校、高齢者施設と一気に多様化した。緊急対策で札幌に派遣されてきた山岸拓也医師は「小さいクラスターがいっぱい出て、もぐら叩きみたいで、今の保健所では追いきれない」という。これと同様の事態は全国で起こりえる。札幌で客と従業員3人の感染があったバーの店長は「マスクをできるだけつけて会話をとはいっても、話を途中でさえぎれるわけがない」と実情を語る。

冬ならではの寒さの問題もある。会話のたびに舞い上がる飛沫が、換気しないでエアコンをつけていると室内風で拡散してしまう。「暖かくて居心地よい所にみんながいると感染するということです」と山岸医師は指摘する。冬の空気乾燥も大敵だ。湿度10%の乾燥した室内でシミュレーションしたところ、大粒の飛沫は早く下に落ちたが、小さな粒は遠くまで飛んで、長く空気中にとどまった。湿度が30%から60%に上がるだけで飛び散る飛沫は半分に減る。しかし、札幌で気温6度でも窓を開け、加湿器も購入したバーでは暖房費が例年の3倍近くかかってしまった。

外出先の密集度をスマホに提示する滋賀県の試み

11月、全国で新規感染者数が2000人を大きく越えたが、第3波のピークはまだ見えず、政府の強い介入によるブレーキはなさそうだ。国立国際医療研究センターの忽那賢志医師は「重症患者が毎日搬送されてくる。スタッフの疲労が大きい。病院機能を確保できないのではないかが一番の懸念。このペースで患者増が続くと、医療崩壊も起こりえる」という。

滋賀県で11月、新たな対策が打ち出された。大手通信会社のビッグデータを活用して、携帯電話の利用状況から500メートル四方にいる人の数を推定し、密集度をスマホなどに表示する。誰もがリアルタイムで知って、密集を避ける仕掛けだ。昼ごはんにそばを食べようと思った県内男性は、これで調べてすいている中華料理に切り換え、無事に昼食をすませた。「これからは個人個人が外出先の状況を日常的に確認できることがリスクを防ぎます」と県情報政策課はPRする。

忽那医師は「ここでいま一度、基本の感染対策をしっかりやろう」と提唱する。「市中感染はどこでも起きるイメージですが、実は会食とかのリスク行為をしていたことがよくあります。年末に向けて、一人ひとりが注意することが命を救う」というのだ。個々人は医療最前線の厳しい実情を理解しながら、できることを根気よくするしかない。

NHKクローズアップ現代+(2020年11月日放送「第3波最前線からの訴え」)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加