妻夫木聡、宮本信子が演じたおばあちゃんが登場するたびに“ドラ泣き”

妻夫木聡、宮本信子が演じたおばあちゃんが登場するたびに“ドラ泣き”

  • ぴあニュース
  • 更新日:2020/11/20

3Dアニメーション映画『STAND BY ME ドラえもん2』が11月20日に公開を迎え、都内劇場で行われた舞台挨拶に声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、バカリズム、共同監督の八木竜一、山崎貴が登壇した。

2014年に興行収入83.8億円の大ヒットを記録した『STAND BY ME ドラえもん』の続編となる本作。大人になったのび太としずかちゃんの結婚式を大好きなおばあちゃんに見せるべく、のび太とドラえもんが奮闘するが、大人のび太は結婚式直前に失踪してしまい……。

コロナ禍による延期を経て、ようやく満員の観客の前での公開を迎え、妻夫木をはじめ、一同ホッとした様子。おばあちゃんとのび太のエピソードに「脚本を読んでる段階からウルッときていた」という妻夫木。試写で作品を見た際、特に宮本の演じたおばあちゃんの声に心を打たれ「おばあちゃんが出てくるだけで泣くという変なスイッチが入ってしまって(笑)、ドラ泣きしまくりでした」と明かす。

宮本は、共同監督・脚本を担当した山崎が、夫の故・伊丹十三の組で若い頃に仕事をしていたという縁に触れ「長生きしてよかったなぁと思います」としみじみと語る。本作に関してはあえて試写を見ずにきたとのことで「子どもたちと一緒の同じ劇場の空間で見たい」と笑顔で語っていた。

この日は、着ぐるみのドラえもんが登壇陣に、頼りないのび太に対し、しずかちゃんとの結婚生活に向けたアドバイスを求めたが、妻夫木は「いっぱいお話をすること。ちょっとの時間でもいいから」とコミュニケーションの時間を持つことを助言。一方の宮本は「しずかちゃんはしっかりしてるし、のび太くんは素直ですし、こんないいカップルはいないので何も心配していません」と何も変わる必要がなく、そのままでいいとエール!

昨年、入籍したばかりのバカリズムは「しずかちゃんがのび太くんを選んだ決め手はダメなところ、ほっとけなさ」と指摘し「あまり成長して立派になり過ぎちゃうと、あまり愛せなくなっちゃうと思うので、これからもほどほどにダメっぽさを出して」と、宮本と同様に「そのままでいい」とアドバイスを送っていた。

妻夫木は最後の挨拶でコロナ禍に触れ「とても我慢しないといけなかった年ですが、心を癒してくれる作品になっていると思うし、来年、新しい一歩を踏み出す勇気をくれると思います」と力強く劇場への来場を呼び掛けた。

取材・文・写真=黒豆直樹

『STAND BY ME ドラえもん2』
公開中

ishii

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加