TBS社長 爆問太田の選挙特番「制作側に責任がある」 定例会見で語る

TBS社長 爆問太田の選挙特番「制作側に責任がある」 定例会見で語る

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/26
No image

TBS

TBSは24日、都内の同局で定例会見を行い、佐々木卓社長(62)が、10月31日放送の衆議院選挙の特番でスペシャルMCを務めた爆笑問題・太田光(56)の発言に賛否の声が上がったことについて「数々のチャレンジをしたと思っております。一方で大変厳しい、ご批判の声があったことも聞いています」と話した。

太田は番組内で自民党の二階俊博元幹事長や甘利明幹事長(当時)らと中継を結んだ。「いつまで政治家、続けるつもりですか?」と問われた二階氏が「失礼だよ」と気色ばむなど、その発言がSNS上で炎上した。

佐々木氏は「どの報道番組でも放送の中で起きたことは制作側に責任がある。ご意見は制作サイドとして真摯に受け止めて検証し、今後に生かしていきたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加