「うわぁ器用なことを!」完封のロッテ二木、窮地救う“曲芸キックパス”にファン驚き

「うわぁ器用なことを!」完封のロッテ二木、窮地救う“曲芸キックパス”にファン驚き

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/14
No image

ロッテ・二木康太【写真:荒川祐史】

8回2死三塁のピンチで自らを助けた幸運な絶妙プレー

■ロッテ 5-0 オリックス(14日・ZOZOマリン)

ロッテの二木康太投手が14日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでのオリックス戦で、散発3安打の完封で今季4勝目を挙げた。108球の熱投だけでなく、自らの“足の裏”でも勝利をアシストした。

二木が最大のピンチを迎えたのは8回。先頭の伏見に中前打を許すと、2つのゴロで2死三塁の状況を迎えた。打席の西村に投じた3球目をはじき返されると、打球は二木の足元へ。咄嗟に左足を出して足の裏で蹴ると、幸運にも球は転々と遊撃の方へ。即座に遊撃手の藤岡がつかみ、一塁へ送球。見事な“キック”が絶妙なパスとなり、難を逃れた。

「DAZN」の公式ツイッターでは「完封への執念? 見事な曲芸アシスト」との言葉を添えて動画を公開。これを見たファンからは「うわぁ器用なことを!」「秘技!」「このアシストが出た瞬間、今日完封いけるなって確信しました」などと絶賛の声が相次いだ。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加