酒に酔って部下を十数回殴る 海上保安官が書類送検 13人が巡視船内で飲酒も

酒に酔って部下を十数回殴る 海上保安官が書類送検 13人が巡視船内で飲酒も

  • 沖縄RBCニュース
  • 更新日:2022/05/13

酒に酔って部下を十数回殴ったとして宮古島海上保安部所属の男性海上保安官が暴行の疑いで書類送検されました。

第11管区海上保安本部によりますと暴行の疑いで書類送検されたのは、宮古島海上保安部所属の男性一等海上保安正(57)です。

一等海上保安正は、ことし2月17日の午前2時ごろ、那覇港に着岸していた巡視船の食堂で一緒に酒を飲んでいた男性部下(42)の顔や頭などを十数回にわたって殴った疑いが持たれています。

当時、一等海上保安正は生ビール1杯、ハイボール5杯、酎ハイなどを飲酒しており、酒に酔った状態で仕事の話をめぐり叱責し暴行に及んだとして、容疑を認め謝罪したということです。

巡視船の中で飲酒は禁止されていますが、当時、合わせて13人の海上保安官が酒を飲んでいたということです。

一等海上保安正は、去年12月頃から部下を無視したり威圧的な態度を取ったりしていたということで、第十一管区海上保安本部の一條正浩本部長は「大変遺憾であり、国民の皆様に深くお詫び申し上げ信頼を取り戻すよう再発防止に取り組む」とコメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加