スイスでプレーする若月大和、「2年目に改善したいこと」とは何か

スイスでプレーする若月大和、「2年目に改善したいこと」とは何か

  • Qoly
  • 更新日:2021/01/14
No image

昨年1月に湘南ベルマーレからスイスのFCシオンに期限付き移籍した若月大和。18歳になると同時に欧州へ渡った若武者は、今月で2年契約の半分を消化した。

これまでの成績は9試合ノーゴールと結果には繋がっておらず苦しい時間を経験しているが、今季の前半戦では8試合で起用されて徐々にチャンスを手にしている。

【動画】若月大和が生活をレポートする貴重な映像

彼はクラブ公式サイトのインタビューで以下のように話し、2年目となる欧州でのプレーに意欲を見せている。

若月大和(クリスマス休暇では初めて日本に帰れたね。気分は良くなりました?)「そうだね、必然的にね。家族や友達とまた会えた。フィジカル的にもメンタル的にも休息がとれた。昨年は複雑だったからね」(感染爆発で昨年はずっとスイスにいた。愛する人々から離れた1年は難しかった?)「ここに来てから本当に特別だった。1年もの間家族から離れた。ただ幸いなことにサッカーをすることができた。シオンのチームメイトやスタッフのおかげで、この複雑な時間を困難なく乗り越えることができたよ。みんなのサポートに感謝したい」(いつもどうやって過ごしているの?)「自由時間は日本の映画やアニメを見ているよ。あとは英語も学んでいる。この時間を使って新しいことにチャレンジしているよ」

(フランス語はどうだい?)「話すのはとても難しいけど、何を言っているかは理解できるようになったよ。最初は簡単じゃなかった。まだまだ勉強が必要だね」(冬休み前に8試合でプレーした。自分のパフォーマンスについては?)「ピッチ上でのパフォーマンスを向上させるためには、まだまだ多くのことをやらなければならないよ。特にフィジカル面でね。ドリブルやパス、チャンスメイクには自信があるから、課題はそこにある。改善のためにあらゆることをやらなければならないね」(あとは、まだゴールがありませんね)「そうなんだ。最大の課題はゴールを決められていないことだね。勝ち点を獲得するためには、懸命に努力し続ける必要がある」(日曜日にはリーグが再開されて、ルガーノと戦うね。準備はどう?)「個人的にもチームとしても準備はできているよ。新しい年をスタートさせられる」(来週の月曜日には19歳の誕生日ですね。何をお祈りしますか?)「1月18日は誕生日だ。昨年よりも多くの成果をあげたいと思う。選手としても人間としても劇的に成長したい。そしてこのチームで活躍したいよ」

スイス・スーパーリーグに期限付き移籍してから1年、まだ9試合のプレーに留まっている若月大和。契約は今年末までとなっており、それまでになんとかブレイクを果たしたいところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加