コロナ禍のTL、試合予定について12時半から会見

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14

日本ラグビー協会は14日、16日開幕予定のトップリーグ(TL)の大会開催に関する記者会見(オンライン)を、14日午後0時半から行うと発表した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、TL試合開催予定について説明する。日本協会の岩渕健輔専務理事、TLの太田治チェアマンが出席する。

TL内では12日にトヨタ自動車から13人、サントリーから7人、キヤノンから24人の陽性者判明が発表された。同日にトヨタ自動車-サントリー(16日、豊田ス)とリコー-キヤノン(17日、駒沢)の中止が発表され、対象4チームに勝ち点2ずつが与えられた。

さらに同じ12日には、東芝が選手2人の陽性を発表。13日にはトップチャレンジリーグ(TL2部相当)の豊田自動織機で選手8人が感染し、同リーグ開幕節の中国電力-豊田自動織機(17日、福岡)が中止となるなど、厳しい状況に立たされていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加