正捕手争い続く巨人。二軍調整中の小林誠司が必要になる時が来る

正捕手争い続く巨人。二軍調整中の小林誠司が必要になる時が来る

  • Sportiva
  • 更新日:2020/09/16

◆巨人愛を貫いた男たちの波乱万丈>>

今シーズンの巨人は、開幕直後に小林誠司が骨折により戦線離脱。以来、キャッチャーは大城卓三と炭谷銀仁朗がおもに務め、岸田行倫が第3捕手としてベンチ入りしている。ただ、小林も一軍復帰に向けて二軍で調整を続けており、巨人の正捕手争いは熾烈を極めることになる。はたして、正捕手は誰にすべきなのか。OBである西山秀二氏に聞いた。

No image

一軍復帰に向けて調整を続けている巨人・小林誠司

── 小林選手の離脱により、大城選手と炭谷選手がおもにマスクを被ってきました。もし小林選手が一軍復帰すれば、誰をメインで起用するのがいいと思いますか。

【写真】セクシー&キュート!プロ野球球団の美女パフォーマーたち

「チームの状態もいいですし、やっぱり "打てる捕手"ということで大城になってくると思います」

── 現在、大城選手は打率3割を超えています。

「セ・リーグはDH制がないため、投手も打席に入らなければいけません。投手はまだしも、キャッチャーも打てないとなると打線として機能しなくなる。とくに巨人は打ち勝つ野球をする攻撃型のチームです。長年、阿部慎之助(現・二軍監督)が正捕手を務めてきた影響もあると思うのですが、どうしても打てる捕手に目がいってしまう。そうなると、大城が適任ということになると思います」

── もし巨人が守り勝つ野球を目指しているチームならどうでしょうか。

「そうなると、打てる捕手というよりも守れる捕手を最優先していた可能性はあるでしょう。それこそ80年代の広島のように盤石の投手陣を擁し、1点を守り抜くチームであれば打てる捕手にこだわる必要はないと思います。

ただ、今の野球は打者の技術が飛躍的に上がり、下位打線でも簡単にホームランが出る時代です。長いシーズンを考えると、ある程度打率を残してくれる捕手のほうが点を取れる確率は高いですし、勝つチャンスも増えてきますからね」

── 西山さんにとっていい捕手の条件とは?

「一番は投手に信頼されるということだと思います。キャッチング、肩、ボールをうしろに逸らさない、リード......とにかく、ピッチャーが安心して投げられるかどうか。これは最低条件です。そのうえでバッティングがよければ言うことなしです」

── バッティングのいい大城選手ですが、西山さんの言う"いい捕手の条件"を備えていると思いますか。

「キャッチングや肩など、最低限のことはクリアしていると思います。ただ、捕手が安心して投げることができているかはわかりません。シーズンを通してマスクを被った経験はないですし、本当の意味で投手からの信頼を得るのはこれからだと思います。今はバッティングを買われてスタメンで出場する機会が多いわけですが、この経験をこれからどう生かすかでしょうね」

── 守備においては、小林選手と遜色ない?

「いや、ディフェンス力という点では小林のほうが数段上です。あの肩は12球団でもトップクラスですし、リード面でも一日の長がある。1点勝負の試合になれば、首脳陣は小林を使いたくなると思います。ただ、長いシーズンを考えると小林のバッティングでは厳しい。せめて2割6分ぐらい打ってくれればいいですが、2割5分すら達していないのが現状です」

── バッティングが向上すれば、小林選手が正捕手に近い?

「それは間違いないですが、劇的に変わるとは思えません。小林のバッティングを見ていても、ただ来たボールを打っているだけの印象があります。それで結果が出ていないのであれば、ヤマを張るとか、もっと大胆にいったほうがいい。キャッチャーなので、バッテリーの心理はほかの選手と比べれば多少はわかっているはず。そこをもっと使って打席に立ってほしいですね。

一昨年は開幕からバッティングが絶好調で、一時期、首位打者に立ったこともありましたが、最終的には2割1分9厘しか残せていない。シーズンを戦うのに必要なのは意外性ではなく安定感です。まずは2割5分......つまり4打席に1本のヒットを目指してほしいですね」

── 近年、正捕手は決めず、併用しながら使うチームが増えています。それについてはどうお考えですか。

「できるのであれば、ひとりに固定したほうがいいと思います。というのも、レギュラー捕手にしかできない配球というのがあるんです。たとえば、大事な場面でストレートを要求して打たれたとします。ベンチに帰ると、『なんでストレートを投げさせたんだ』と必ず言われます。ちゃんとした意図があって投げさせたとしても、結果的に打たれたら絶対に言われます。

逆に、フォークを要求して打たれたとしても『コースが甘かったな』と、怒られることはありません。だから、試合に出ていないキャッチャーは大事な場面で変化球しか要求できなくなる。そうなると、相手にも読まれますよね。ずっと試合に出ていると、相手の傾向であったり、どういう球を狙っているのかわかるようになってくる。そこは大きな差だと思います」

◆日本ハム・大田泰示が巨人との絶対的な違いを明かす>>

── たとえば、スタメンは打てる捕手を起用して、試合終盤になると守れる捕手に代えるというのはどうですか。

「それはありだと思います。実際、そうしているチームは多いですし、勝つ確率が高くなるのであればそうすべきでしょう。いずれにしても、選択肢があるということはチームにとって悪いことではありませんし、選手にとってもチーム内にライバルがいることはいいことだと思います。巨人にしても、本当の意味での正捕手争いはこれからだと思います」

── 小林選手については、一軍復帰しても出番がないのではないか、トレード要員という噂まで出ています。

「何度も言うように、小林のディフェンス力の高さはすばらしいものがあります。優勝が近づくにつれてしびれる場面も増えてくるでしょうし、このままいけば日本シリーズ進出の可能性が高い。短期決戦はシーズンとまったく戦い方が違いますし、どうしても投手戦になりやすい。そういう時に小林の力は必ず必要になります。とにかく今は試合勘を取り戻して、万全の状態でプレーできるようにしておいてほしいですね」

スポルティーバ●文 text by Sportiva

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加