映画「メジャーリーグ」本日放送! あらすじ、キャストまとめ

映画「メジャーリーグ」本日放送! あらすじ、キャストまとめ

  • 映画.com
  • 更新日:2023/09/19
No image

本日午後1時から放送

日本でも広く支持されてきた野球映画「メジャーリーグ」(1989)が、本日9月19日午後1時からBSプレミアムで放送されます。続編も2本製作されるほど人気を呼んだシリーズの原点ともいうべき今作のあらすじ、キャストなどをご紹介します。

【あらすじ】
アメリカンリーグ東地区のクリーブランド・インディアンズは、34年間も優勝から遠ざかり長い低迷期から抜け出せずにいた。急死した夫の跡を継いで新オーナーになったダンサー上がりのレイチェル・フェルプス(マーガレット・ウィットン)は、1年間の累計観客動員が80万人を下回れば本拠地の移転が認められることを利用し、マイアミ移転を画策。そのために集められたのは、ひと癖もふた癖もあるメンバーばかり。

かつてリーグを代表する捕手だったが力の衰えを隠せないジェイク・テーラー(トム・べレンジャー)や、ストレートは滅法速いが恐ろしくコントロールの悪い刑務所から仮出所してきたばかりのリッキー・ボーン(チャーリー・シーン)ら……。

チームは開幕してからも波に乗り切れずにいたが、リッキーのノーコンの原因が近視だと判明したため、メガネをかけて登板すると見違えるような投球を披露し、チームに勢いをもたらす。一方のジェイクは、町で別れた妻リン(レネ・ルッソ)と再会。彼女には新しい婚約者がいたが、リンへの断ち切れない思いを抱えたまま野球にも心血を注いでいく。調子が上向いてきたチームにレイチェルが悪態をついたため、選手たちは移転話を初めて聞かされる。それ以降、チームの結束力は高まり、連戦連勝の快進撃を続け、ついに首位ヤンキースとの優勝決定戦を迎える。

【キャスト】
ジェイク・テイラー:トム・べレンジャー
リッキー・ボーン:チャーリー・シーン
ロジャー・ドーン:コービン・バーンセン
ウィリー・メイズ・ヘイズ:ウェズリー・スナイプス
ペドロ・セラノ:デニス・ヘイスバート
エディー・ハリス:チェルシー・ロス
ルー・ブラウン:ジェームズ・ギャモン
デューク・テンプル:スティーブ・イェーガー
レイチェル・フェルプス:マーガレット・ホイットン
チャーリー・ドノヴァン:チャールズ・サイファース
リン・ウェルズ:レネ・ルッソ
ハリー・ドイル:ボブ・ユッカー
クルー・ヘイウッド:ピート・ブコビッチ

【トリビア】

■元メジャー選手も出演

刑務所から仮出所したばかりのノーコン投手リッキーに扮したチャーリー・シーンは、高校時代に野球経験があり、メジャーリーグのスカウトが視察に訪れるほどの実力の持ち主だったといいます。そのほか、インディアンスのコーチ、デューク・テンプルを演じたスティーブ・イェーガーは、現役時代はワールドシリーズMVPに輝いたこともある、バリバリの元メジャーリーガー。

また、強敵ヤンキースの4番打者クルー・ヘイウッド役のピート・ブコビッチは、ミルウォーキー・ブルワーズ時代の1982年に投手としてサイ・ヤング賞を獲得するほどのスターでした。

■インディアンスはもう存在しない!?

インディアンスという球団名は、ネイティブアメリカン系では最初の選手とされるルイス・ソカレキスへの敬意を込めて命名されたものだったといわれていますが、時代の変化とともにポリティカル・コレクトレスに配慮し、2022年シーズンから「ガーディアンズ」に名称変更をしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加