ウクライナ出身のバンドゥーラ演奏家カテリーナ「翼をください」生演奏 森田健作MCラジオで

ウクライナ出身のバンドゥーラ演奏家カテリーナ「翼をください」生演奏 森田健作MCラジオで

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/06/23
No image

森田健作(右)のラジオ番組にゲスト出演したカテリーナ

前千葉県知事のタレント森田健作(72)がパーソナリティーを務める、26日放送のFM NACK5「青春もぎたて朝一番!」(日曜午前5時30分)に、ウクライナ出身で民族楽器バンドゥーラ演奏家のカテリーナ(36)がゲスト出演し「翼をください」を生演奏で披露した。バンドゥーラは現在、日本で演奏できるのは彼女含め2人しかいないという。

森田は、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を批判し続けており「どんな事情があっても、独立国家に侵攻することは許してはならない」と再度強調。カテリーナも「一番許せないのは、子供たちが殺されていること。何も罪のない子供たちが犠牲にあっている」と語った。

番組では、ウクライナの平和を訴え、生演奏で「翼をください」をバンドゥーラの生演奏で歌い上げた。同曲は71年に赤い鳥が歌って話題になった曲で、カテリーナは「大好きな曲で、コンサートでも必ず歌います」。

カテリーナの母親のマリヤさんは首都キーウに1人で住んでいたが、ロシアが侵攻したため、3月にウクライナ脱出を決意。電車で11時間、ポーランドとの国境に近い西部のリヴィウに移動した。その後、何時間も歩いて国境を越え、ポーランドの避難所に入った。そして日本政府がウクライナ人の受け入れを表明したことで、ワルシャワから英・ロンドンを経て羽田空港に到着したという。

森田は「日本の国民はみんなウクライナの国民のことを心配しているし、早く平和が戻ってくれることを祈っています。カテリーナさんも演奏を通して、これからも日本から世界の人たちの心の中に平和を訴えていって欲しい」とエールを送った。

なお、同番組は7月から時間が毎週日曜日の6時30分からの放送に変更され、森田のパートナーとして歌手で女優の酒井法子(51)が登場する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加