日本ハム 絶体絶命時の「内野5人、外野2人」シフト練習実施

日本ハム 絶体絶命時の「内野5人、外野2人」シフト練習実施

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/23

日本ハムが「内野5人、外野2人」の絶体絶命時用の大胆シフトの守備練習を行った。

No image

<日本ハム沖縄キャンプ>内野5人、外野2人の守備シフト練習を行う日本ハムナイン(撮影・高橋 茂夫)

内外野のシフトを敷いた際の連係確認の守備練習の時だった。まずはこれまで試合でも取り入れてきた強打者対策の外野4人シフトの練習。外野を抜けた際の各選手の動きの確認を行った

その次のシフト練習で「内野5人、外野2人」の練習に入った。内野経験がある西川、近藤、松本剛が内野に移動。打者の左右、打球傾向を想定しているとみられ、まずは外野手が通常の三塁の定位置に入り、三塁手・野村が三遊間、遊撃手・中島が二遊間、二塁手・渡辺、一塁手・中田はほぼ通常の前進守備の位置に就いた。一連の確認が終わると、今度は外野手が一塁手のポジションに移動。内野手がそれぞれ三塁側にずれる逆パターンも試した。内野5人シフトの際は、残った外野手は左中間、右中間の位置を守った。

昨春キャンプでも内野5人シフトの練習を行ったが、この時は外野手が二遊間に入るシフトだった。このシフトを敷く可能性があるのは、延長に入って1点を取られたらサヨナラ負けという無死、もしくは1死満塁の場面。確実に本塁でアウトにする目的で大胆シフトの練習を行っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加