今季初の3連敗阻止へ!頼れる主将・坂本が初回に先制弾 昨季新人王・森下から巨人が1点先取

今季初の3連敗阻止へ!頼れる主将・坂本が初回に先制弾 昨季新人王・森下から巨人が1点先取

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

◇セ・リーグ 巨人―広島(2021年5月3日 マツダ)

No image

<広・巨7>初回1死、先制ソロを放つ坂本(撮影・光山 貴大)

巨人の坂本勇人内野手(32)が広島戦(マツダ)の初回に先制のソロ本塁打を放った。

「2番・遊撃」で先発出場。初回、1死から入った第1打席で、昨季セ・リーグ新人王の広島先発右腕・森下が3ボール1ストライクから投じた真ん中高め142キロ直球を左中間スタンドへ放り込んだ。

坂本の本塁打は4月24日の広島戦(東京D)で先発左腕・高橋昂から初回に真ん中直球を先制2ランして以来6試合ぶりとなる今季5号。現在チームは今季4度目の2連敗中で、この日も負ければ今季初の3連敗となってしまう中、頼れるキャプテンが初回から打線を引っ張った。

▼坂本 打ったのは高めの真っすぐです。まずは先制点がとれて良かったですね!頑張ります!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加