NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
ソニーのヘルスケアサービス開発プラットフォーム「X.SINCE」、API提供を開始

ソニーのヘルスケアサービス開発プラットフォーム「X.SINCE」、API提供を開始

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/07/21
No image

API連携イメージ

ソニーネットワークコミュニケーションズは7月21日、ヘルスケアサービスプラットフォーム「X.SINCE(エクスシンス)」において、食事解析・アドバイス機能のAPI形式での提供を開始した。

X.SINCEは、食事・運動・美容・睡眠などヘルスケア領域における、自社サービスを開発する企業に向けて、効率的なサービス開発や立ち上げを支援するヘルスケアサービスプラットフォーム。機能やデザインをカスタマイズできるほか、ソニーのAI技術を活かした食事画像解析などの機能を組み込むことで、付加価値のある高品質なサービスの早期立ち上げが可能としている。

今回、X.SINCEの機能の一部である食事解析・アドバイス機能を、ウェブAPI形式で提供開始した。これにより、既にヘルスケア関連のアプリを運営している企業も、自社アプリへ短期間で新たな機能を付加できる。

また、各企業が提供するアプリやサービスに合わせて、様々なカスタマイズをすることも可能になる。例えば、記録された食事内容に基づき、独自のアドバイスコメントをユーザーへ発信することや、自社の商品やレシピを提案することなどが可能なため、各企業の持つコンテンツを活かした独自性のあるサービスを構築できる。

本プラットフォームの基本機能は、食事画像解析判定、食事キーワード検索、食事記録、食事栄養素解析(栄養素毎の摂取基準値からの過不足を解析)。オプション機能として、アドバイスコメント提示、レコメンド情報提示が用意されている。カスタマイズ可能要素は以下の通り。

・アドバイス内容・レコメンド情報  アドバイスコメントを変更することや、自社の製品・レシピ等を表示することが可能 ・解析対象栄養素  重要視したい栄養素を指定することが可能 ・食事データベース  標準データベースに、自社製品の食品データを追加で登録することが可能

No image

解析結果イメージ

■関連サイト

製品情報

ソニーネットワークコミュニケーションズ

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加