Panorama Panama Town、ミニアルバム『Faces』リリース 兵庫&東京にてワンマンライブも開催

Panorama Panama Town、ミニアルバム『Faces』リリース 兵庫&東京にてワンマンライブも開催

  • Real Sound
  • 更新日:2021/09/15
No image

Panorama Panama Town

Panorama Panama Townが、ミニアルバム『Faces』を11月24日にリリースする。

(関連:【ライブレポート】Panorama Panama Town、ライブでつなげたバンドの軌跡と現在地 メンバーソロ企画も披露したボリューム満点な一夜に

本作には、FODドラマ『ギヴン』主題歌「Strange Days」ほか、本日配信リリースされた劇中バンド“the seasons”へ書き下ろした楽曲「Melody Lane」のセルフカバーを含む全7曲が収録される。前作に引き続き、ジャケットのアートディレクションはアパレルブランド F-LAGSTUF-Fのデザイナーである村山靖行が担当する。

今回、CDと限定ロングスリーブTシャツが付属する受注生産限定盤とCDのみの通常盤が用意され、ロングスリーブTシャツにはフロントにメンバーによる手作業のステンシルプリント、バックにはアルバムのジャケットデザインがプリントされる。本日9月15日から9月30日23時59分までタワーレコード オンラインとAmazon.co.jpにて予約受付が行なわれる。

さらに、アルバムのリリースを記念したワンマンライブ『Panorama Panama Town One-man Live 2021-2022 “Face to Face”』の開催も決定。12月11日に兵庫 クラブ月世界、2022年1月14日に東京 東京キネマ倶楽部にてライブが行われる。イープラスでは本日から9月27日までチケットの先行抽選予約申し込みを受付中。

また、本日21時より特別番組『Panoramatic Talk #8』が、Panorama Panama Town のオフィシャルYouTubeチャンネルにて配信される。番組内では、アルバムやワンマンライブへの想いや意気込みがメンバー達から語られるという。(リアルサウンド編集部)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加