乃木坂46久保史緒里&賀喜遥香、5期生の「涙の理由」に共感 心配だったこと・受け継ぎたい先輩からの“教え”とは<「乃木撮」インタビュー>

乃木坂46久保史緒里&賀喜遥香、5期生の「涙の理由」に共感 心配だったこと・受け継ぎたい先輩からの“教え”とは<「乃木撮」インタビュー>

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/25

【モデルプレス=2023/01/25】乃木坂46メンバー同士で撮影したオフショット写真集「乃木撮(のぎさつ)」の第3弾「乃木撮VOL.03」(講談社)が、2023年1月24日に発売。モデルプレスでは3期生の久保史緒里(くぼ・しおり/21)、4期生の賀喜遥香(かき・はるか/21)、5期生の井上和(いのうえ・なぎ/17)、菅原咲月(すがわら・さつき/17)にインタビューを実施し、お互いの期へ抱いている印象や、3・4期生から5期生へ伝えたいことなどについて語ってもらった。

No image

(写真 : モデルプレスのインタビューに応じた乃木坂46/(左から)井上和、久保史緒里、賀喜遥香、菅原咲月(C)モデルプレス)

【写真】秋元真夏“5期生をまとめる存在”期待のメンバー2人明かす

◆乃木坂46オフショット写真集「乃木撮」

同作は2017年2月から写真週刊誌「FRIDAY」に連載されている「乃木撮」をまとめたもの。メンバー全員がカメラマンとなり、お互いの赤裸々な素顔を撮影する名物企画だ。美味しそうにご飯をほおばる姿や、楽屋でうたた寝する寝顔、メンバー同士でじゃれあう様子など、普段のグラビアでは見られない一面が見所となっている。

◆久保史緒里&賀喜遥香、5期生の印象は?

― 乃木坂46に5期生が加入してから早1年。グループ全体のライブやテレビ収録などはあっても、こうして期の垣根を越えて少人数で活動をする機会はあまりないとお聞きしました。この機会に、それぞれへ聞いてみたいことや、伝えたいことはありますか?

久保:(5期生の方を見て)そうですね、3期生怖くないですか…(笑)?

一同:(笑)。

井上・菅原:(大きく首を横に振る)

菅原:本当に怖くないです!でも、私は3期生さん加入された時期に乃木坂46を好きになったので、今でも3期生さんを目の前にすると緊張してしまうことはあります(笑)。

久保:良かった~!それだけが心配だった…(笑)。

井上・菅原:いやいやいや(笑)!

― 1期生と2期生の先輩メンバーが続々と卒業していく中、今後は3期生を中心にグループが動いていくかと思います。4期生・5期生の皆さんからは“グループを先導してくれる先輩”として副キャプテンの梅澤美波さんと合わせて久保さんの名前が挙がることも多いですよね。

久保:嬉しいことではありますが、3期生で私と梅澤だけが引っ張っているわけではないです!3期生は5年目を迎えたあたりから各々が自由に活動しているような感じなので(笑)、みんなで後輩との接し方を探っている感覚があります。4期生とは合同ライブがあったので仲を深めることができたのですが、5期生とは期として密に活動する機会がないままグループ全体ライブや番組の収録などをやっているので、これからたくさん交流して、さらに距離を縮めていけたらいいなと思っています。

― グループ全体の活動だと、一人ひとりと関わる時間は限られてしまいますよね。

久保:そうですね。「5期生からはなかなか話しかけづらいだろうから、自分から行かなきゃ」と思う反面、3期生側からすると、5期生のみんなが仲良すぎてなかなか一人ひとりに行けないというか、「今、私が行っていいのかな」みたいな気持ちになるんですよ(笑)。

賀喜:5期生、すごい仲良し(笑)!

菅原:たしかに、5期生だけでずっと固まっていることが多いです。

井上:5期生として約1年間活動してきたので、グループ全体の活動でもつい5期生で固まってしまうんです…(笑)。

菅原:「先輩に話しかけに行きたい」「◯◯さんと写真を撮りたい」っていうメンバーがいたら、全員で「よし!行こう!」みたいな感じで着いていきます(笑)。

― 仲の良さが伝わってきます!賀喜さんは5期生に対してどんな印象を抱いていますか?

賀喜:4期生のメンバーにはそれぞれ仲が良い5期生ちゃんがいるイメージがあるので、すごく空気感というか、波長が合うんだろうなと感じています。

― 3期生・4期生から見た5期生の空気感は?

井上:聞きたいです!

菅原:気になります!

久保:全体的に柔らかいと思います。3期生が1年目だった頃はもっと1人で抱えちゃう子が多かったのですが、5期生は誰かが泣いていたら全員で集まるみたいな。笑いの中心に誰かがいたらそこにみんなが寄って行ったりする場面もあるのですが、それが1年目でできているのはすごいことですし、柔らかい雰囲気に包まれているなと思います。

賀喜:泣いている子に全員で集まっている場面は私も見たことがあります!5期生も人数が多いので、たぶん1番後ろにいる子は泣いている本人の顔を見えていないんじゃないかな(笑)。それでも、近くで寄り添ってあげる5期生の優しさは伝わってきます。

― 4期生も、加入当初は泣いてしまうメンバーもいましたか?

賀喜:4期生も、加入したばかりの頃はよく誰かが泣いていた気がします(笑)。最初はみんな泣く理由が一緒というか、「こんなことできない」「私には無理」「緊張する」みたいなことで泣いてしまうんですよね。周りのメンバーも泣いている子の気持ちが理解できるから、「わかる、そうだよね」みたいに話を聞いているうちに、いつの間にかみんな泣いちゃう、みたいなこともあるんです。

井上:(大きく頷きながら)5期生、今まさにそんな感じです!

賀喜:(5期生の方を見て)みんな通るんだ(笑)!

賀喜:最近はそれぞれが色々なことを経験して強くなったのか、あまり同期が泣いている場面を見ることがなくなったなと思います。

久保:たしかに!みんな同じところを通って、成長していくんですね(笑)。

◆久保史緒里&賀喜遥香、5期生へアドバイス

― 久保さんと賀喜さんから、5期生へ伝えたいことはありますか?

久保:アドバイスではないのですが、私はよく 1期生・2期生の先輩方から「泣きたいだけ泣け」と言われていました。「泣ける」ということはそれだけ感情が動いているから、すごく良いことだよと教えてもらって。

― 泣くことは我慢しない方が良いんですね。

久保:そうですね。それでいうと、かっきー(賀喜)は加入当初からあまり相談をしないし、感情がわからない子だったので、先輩側からするとめちゃくちゃ心配していた子だったんですよ。でも、いつからか顔に「不安です!」って書いてあるみたいな、わかりやすく感情が出るようになって(笑)。

一同:(笑)。

久保:それは先輩側からしたら本当に嬉しかったですし、安心しました。後輩が感情を見せてくれるのって、すごく嬉しいんですよ。先輩に泣いている姿を見せるのは簡単ではないかもしれないけれど、思い切り泣いているところとかをむしろ見せて欲しいくらいですし、感情的になってくれた方が私たちも変化に気がつきやすい。お互いの感情がわかっていた方がみんな楽だと思うので、感情が見せられるような環境を作れたら良いなと思います。

― 賀喜さんは、加入当初あまり感情を出すことができなかった?

賀喜:私は先輩方にめちゃめちゃ憧れてグループに入ったので、リスペクトが強すぎる故に先輩に話しかけられなかったり、好きなのに何も伝えられなかったりすることが続いていたんです。それに、4期生だけで固まっていたので、なかなか先輩と仲良くなれないということも悩みで…。先程5期生は全員でずっと一緒にいると言っていましたが、振り返ると4期生も最初はそうだった気がします(笑)。

― 最初の頃は、どうしても期ごとに固まってしまいますよね。

賀喜:そうですね。同期で仲が良いことはもちろん大事ですが、4期生だけの世界になってしまうので「先輩方と同じお仕事になったり、楽屋になったりしたら、自分から話しかける勇気が必要だよ」というアドバイスをもらったこともありました。私も、楽屋の座る位置を少し考えてみたり、合間に隣の席になったら積極的に話しかけたり…仲良くなるために、自分なりに色々なことを心がけていた気がします。ちょっとずつ攻めていくと、距離を縮めやすいと思います!

井上・菅原:(大きく頷く)

― 今後のエピソードも楽しみにしています!ありがとうございました。

(modelpress編集部)

PHOTO:矢沢隆則

◆久保史緒里(くぼ・しおり)プロフィール

2001年7月14日生まれ、宮城県出身。身長は161cm、血液型はO型、星座はかに座。

◆賀喜遥香(かき・はるか)プロフィール

2001年8月8日生まれ、栃木県出身。身長は166cm、血液型はA型、星座はしし座。

◆井上和(いのうえ・なぎ)プロフィール

2005年2月17日生まれ、神奈川県出身。身長は156cm、血液型はB型、星座はみずがめ座。

◆菅原咲月(すがわら・さつき)プロフィール

2005年10月31日生まれ、千葉県出身。身長は157cm、血液型はA型、星座はさそり座。

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加