【巨人】金杞泰1軍打撃コーチ、肺結核で通院治療 復帰時期未定

【巨人】金杞泰1軍打撃コーチ、肺結核で通院治療 復帰時期未定

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/01/15
No image

巨人は14日、金杞泰(キム・キイテ)打撃コーチ(52)が肺結核のため当面は韓国内で療養し、横川史学スコアラー(37)が1軍打撃コーチに就任すると発表した。

金コーチは現役時代に左の強打者として活躍し、韓国プロ野球で通算249本塁打。指導者としては07年から巨人に3シーズン在籍し、21年は2軍ヘッドコーチとして復帰して阿部2軍監督を支えた。今季から1軍へ配置転換されることが発表されていたが、昨年11月下旬に帰国後、健康診断で異常が見つかり、精密検査の結果、肺結核と診断された。当面は通院治療を続け、復帰時期は未定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加