商業施設で男性飛び降り重体に 主犯格の男(19)”特定少年”起訴 広島

商業施設で男性飛び降り重体に 主犯格の男(19)”特定少年”起訴 広島

  • 広島ホームテレビ
  • 更新日:2022/11/25
No image

府中町の商業施設で男性が暴行されるなどした事件で、広島地検は検察官送致された19歳の男について傷害の罪などで起訴しました。

東区の無職の男(19)は今年6月、少年ら5人と共謀し府中町の商業施設の立体駐車場の屋上で男性(当時19歳)を取り囲み暴行を加えた傷害の罪などで起訴されました。

男性(当時19歳)は暴行から逃れるために屋上から飛び降り一時、意識不明の重体となっていました。

男は傷害などの疑いで広島家裁に送致され、その後「犯行を主導した少年の責任は重く、犯情は非常に悪い」などとして
検察官送致されていました。

今年4月施行の法改正により18歳と19歳は「特定少年」として実名公表が可能となっていましたが、広島地検は「諸般の事情を総合的に考慮した」として実名を公表しませんでした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加