新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(13日午後8時時点) 死者551.9万人に

新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(13日午後8時時点) 死者551.9万人に

  • AFPBB News
  • 更新日:2022/01/15
No image

各国が発表した新型コロナウイルスによる公式死者数を示した図。

【AFP=時事】AFPが各国当局の発表に基づき日本時間14日午後8時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は551万9380人に増加した。

これまでに世界で3億1938万5660人の感染が確認された。大半はすでに回復したが、一部の人々にはその後も数週間、場合によっては数か月にわたり症状が残っている。

13日には世界全体で新たに8653人の死亡と357万3267人の新規感染が発表された。

過去1週間の新規感染者が最も多い地域は欧州で、849万7112人(世界全体の44%)の感染が確認された。2番目に多いのは米国・カナダの582万3969人(同30%)。

過去1週間の死者が最も多い地域は欧州で、2万1968人(世界全体の45%)が死亡。次いで米国・カナダの1万3143人(同27%)となっている。

過去1週間の人口10万人当たりの死者数が多かった国(人口50万人未満の国を除く)は、上位からトリニダード・トバゴ(10.15人)、ブルガリア(7.7人)、ジョージア(6.94人)、クロアチア(5.89人)、ポーランド(5.57人)。

過去1週間の人口10万人当たりの新規感染者数が多かった国は、上位からアイルランド(3087人)、フランス(3047人)、キプロス(2993人)、デンマーク(2490人)、モンテネグロ(2490人)。

ここ数日間で、1週間の新規感染者数が過去最多を記録した国・地域は、アイルランド、フランス、ポルトガル、スイス、オーストラリア、イタリア、ルクセンブルク、アルゼンチン、米国、セントルシア、スロベニア、ウルグアイ、ベルギー、フィンランド、クロアチア、オランダ、セルビア、スリナム、ノルウェー、カタール、リトアニア、サントメ・プリンシペ、グレナダ、バルバドス、ガイアナ、レバノン、パナマ、ボリビア、クウェート、トルコ、ブルガリア、北キプロス、北マケドニア、コスタリカ、ドイツ、ペルー、アルバニア、ドミニカ共和国、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ジャマイカ、フィリピン、メキシコ、バハマ、ベリーズ、モーリタニア、マリ、ニジェール、リヒテンシュタイン。

最も死者が多い米国では、これまでに84万6488人が死亡、6408万2824人が感染した。次いで死者が多い国はブラジルで、死者数は62万545人、感染者数は2281万4917人。以降はインド(死者48万5350人、感染者3658万2129人)、ロシア(死者31万9911人、感染者1074万7125人)となっている。

人口10万人当たりの累計死者数が多い国は、上位からペルー(616人)、ブルガリア(458人)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(418人)、ハンガリー(416人)、モンテネグロ(392人)となっている。

この統計は、各国の保健当局が発表した日計に基づいたもので、他の統計機関が行った集計見直しに伴う死者数の大幅な増加分は含まれていない。世界保健機関の推計によると、新型コロナウイルス感染症により直接または間接的に生じた超過死亡を含めると、死者数の総計は公式統計の2~3倍に上る可能性がある。

多くの国では検査体制が強化されたが、軽症や無症状の人の多くは検査を受けず、感染者として集計されないままとなっている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加