徹底した自己管理が免疫力アップにつながるセルフメンテナンスグッズ5選

徹底した自己管理が免疫力アップにつながるセルフメンテナンスグッズ5選

  • @DIME
  • 更新日:2021/01/15
No image

健活

宅トレ、活動量計、健康食品……。コロナ禍において、運動も体調管理も、セルフケアに重きを置いた商品がヒットを飛ばした。

健康志向の高まりがヒット商品にも反映

誰もが少なからず自分の健康に目を向けたであろうこの1年。マイクロアド「UNIVERSE」の分析によると、運動や食生活など、「ヘルスケア」関連のコンテンツに接触するユーザーは、外出自粛期間の前と後を比べ、約1.4倍に増加したという。

そんな中、運動量が減り、〝コロナ太り〟の悩みを抱える多くの人が活路を見いだしたのが、宅トレだ。ユーチューブにオンラインフィットネス、ゲームまで、家にいながら体を動かせるツールがヒット。

そして、ヘルスケアにおいても、セルフメンテナンスがキーワードに。20秒間きちんと手が洗えているか検知する機能付きのスマートウオッチや、在宅勤務で注目を集めたレッグウエアなど、新しい生活様式にマッチした商品を中心に注目が集まった。

カラダメンテ

活動量や睡眠量、心拍数など、徹底した自己管理が免疫力のアップにもつながると、改めて脚光を浴びたスマートウオッチ、ひげ剃りついでのスキンケアやはくだけボディーケアなどの〝ながら美容〟など、ヘルスケアもセルフメンテナンスが主流に。

Amazonの活動量計ランキングで1位を獲得

シャオミ『Miスマートバンド4』3490円

通話やメッセージ、アプリ通知のほか、アクティビティーの追跡、睡眠量など健康モニタリング機能を備えたフィットネスバンド。「カスタマイズできるインターフェイスや鮮明なディスプレイなど、利用者の声を反映した点も評価されています」(広報・齋木更沙さん)

No image

見やすいディスプレイで、ユーザーのパフォーマンスを最大限に引き出す。

眠りの深さ、心拍数までを正確に追跡。

■ 外出自粛前後で関連するコンテンツに接触したユーザー数の変化

No image

出典:「マイクロアド『UNIVERSE』保有データを元にした外出自粛前後のユーザー行動の変化分析」をもとに編集部作成

[ヒットのひみつ]シンプルかつコンパクトなデザインに加え、最大約20日のバッテリー寿命※や鮮明なディスプレイ、心地よい着用感など、総合力の高さで人気を得た。コスパも魅力!

予約殺到で発売当初、最大4週間待ち

No image

アップル『アップル ウォッチ シリーズ6』4万2800円〜

9月発売の新機種は、血中酸素濃度を測れる血中酸素ウェルネスセンサーを新搭載。1時間に1回立つことを促すスタンド通知など、コロナ禍の健康管理をサポートする機能が評判に。

[ヒットのひみつ]非接触で決済できる電子マネーやしっかり手洗いができているか検知する機能など、新生活様式に着目した点も評価された。

約8か月でブランド累計販売個数4000万個以上

No image

明治ほか『TANPACT(タンパクト)』シリーズ オープン価格(約100円〜)

乳たんぱく質をいつでも、どこでも、おいしく、手軽に摂取できるよう開発。自社製品に加え、パンやサラダチキンなど他社との協業も進めた幅広い展開で、購買層を増やした。

[ヒットのひみつ]「商品幅を増やしたことで、複数の売り場からたんぱく質の必要性を訴求できました」(マーケティング本部・井上義貴さん)

美脚ケアで、累計50万足を販売

No image
No image

ピップ『スリムウォーク スキニー ルームウェア』オープン価格(実勢価格約3280円)

着圧ソックスの機能も備えながら、ルームウエアとして1枚で着用できる。「伸縮性が高く、お腹回りはゆとりがある作りで、部屋着としてのはき心地を追求しました」(商品開発事業部・熊川裕美子さん)

[ヒットのひみつ]〝ルームウエア感覚で無理せずレッグラインのケアができる〟と、在宅ワークが増えたビジネスウーマンを中心に好評を得た。

7月発売以降、累計販売1万本突破!

No image

パナソニック『スキンケアシェーバー ラムダッシュ 3枚刃 ES-MT21』 オープン価格(実勢価格約2万9000円)

本格的リニアシェーバーの機能に加え、電気浸透流を発生させる機能を搭載することで、ひげ剃り前の化粧水をより角質層まで浸透させ、シェービングとスキンケアを一度にかなえる。

No image

肌への摩擦を減らすスムースローラーや、無理なく密着する丸みのあるマルチフィットアーク刃で、負担を軽減。

[ヒットのひみつ]「男性の化粧水ユーザーに認知されるコスメブランドと連携してPRした成果だと思います」(マーケティング担当・山本健司さん)

オンライン診療が加速!月間アプリDL数が驚異の35倍超!

No image

MICIN『curon』

アプリ上で予約・受診ができるシステム。コロナ禍において、病院に行くことでの感染リスクを懸念する人が増えたことで、利用者が急増。2020年4月の新規患者の登録者数は、同1月の平均と比べて約10倍に増え、現在も増加傾向にある。

No image

取材・文/坂本祥子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加