強烈寒波 大雪で運休・通行止め... 凍てつく広島 交通機関に大きな影響(25日午後5時現在)

強烈寒波 大雪で運休・通行止め... 凍てつく広島 交通機関に大きな影響(25日午後5時現在)

  • RCC NEWS
  • 更新日:2023/01/25

今回の寒波がもたらせた雪によって、広島県内の交通機関には大きな影響が出ました。

【写真を見る】強烈寒波 大雪で運休・通行止め… 凍てつく広島 交通機関に大きな影響(25日午後5時現在)

JRで終日、運転が取りやめになったのは、▽芸備線の備後落合~三次の間、▽福塩線の府中~三次間です。

芸備線では三次と志和口の間も始発から運転を取りやめていましたが、午後から再開しています。芸備線のそのほかの区間でも一時遅れが出ましたが、現在は通常運行されています。

新幹線は、博多と新大阪の間で10分から85分の遅れが出ているということです。

続いて高速道路です。山陽道は、▽大竹インターから山口県の徳山西インターの間の上下線、▽廿日市ジャンクションから広島インターまでの上り線が通行止めとなりましたが、午後3時までに解除されました。

中国道でも▽庄原インターから東の区間が通行止めとなりましたが、先ほど、解除され、現在は戸河内インターから西で通行止めが続いています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加