大韓サッカー協会、SBSバラエティ番組「ゴールを殴る彼女たち」制作陣に感謝牌

大韓サッカー協会、SBSバラエティ番組「ゴールを殴る彼女たち」制作陣に感謝牌

  • WoW!Korea
  • 更新日:2021/11/25
No image

大韓サッカー協会、SBSバラエティ番組「ゴールを殴る彼女たち」制作陣に感謝牌(画像提供:wowkorea)

サッカーに情熱を注ぐ女性たちの姿を見せて大人気を博している韓国SBSのバラエティ番組「ゴールを殴る彼女たち」に大韓サッカー協会から感謝牌を贈る。

大韓サッカー協会は来る27日、高陽総合運動場で開催される「新世界イーマート招待女子国家代表チーム親善試合」韓国とニュージーランドの第1戦ハーフタイムイベントで、「ゴールを殴る彼女たち」の制作陣に感謝牌を授与すると25日、明らかにした。番組の演出を務めたイ・スンフンプロデューサーと女性お笑い芸人チームの選手として番組に出演中のキム・ミンギョンが代表で競技場を訪れ、感謝牌を受け取る予定だ。

大韓サッカー協会のパク・ギョンフン専務は「『ゴールを殴る彼女たち』放送後、サッカーをやってみたいという女性たちがとても多くなったと聞いた」とし「女子サッカーの活性化のためには、直接ボールを蹴りながら興味を感じることが重要だ。この番組が女性たちのサッカー入門を増やし、認識を変えるのに大いに役立っており、感謝の意を伝えることになった」と述べた。

大韓サッカー協会はことし初め、「女子サッカー活性化プロジェクトチーム」を別組織とし、女性のサッカー参加機会の拡大に努めている。その一環としてソウル市教育庁、新世界グループとともに女子学生を対象にした「レッツプレーサッカー教室」事業などを進めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加