池江【一問一答】「個人はまったく狙ってなかった」五輪でリレー「引っ張るつもりで」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/10

「競泳・日本選手権」(8日、東京アクアティクスセンター)

東京五輪代表選考会を兼ねた大会で、女子100メートル自由形決勝が行われた。池江璃花子(20)=ルネサンス=は、53秒98で優勝し、メドレーリレーに続き、400メートルリレーの代表入りを決めた。

池江との一問一答は次の通り。

-個人で決まらず残念?

「個人はまったく狙ってなかった。とりあえず53秒台が出てよかった。体力的にキツいなっていうのがあって、バタフライの後もそうだけど、今のダメージもなかなかきてる。まだまだ体力がおいついてない」

-2種目で代表入り

「しっかり結果もついてきてくれてよかった。あと数か月でどれだけ体力をつけて、記録も伸ばせるかがこれからの課題かな」

-リレー4人で代表が決まった

「あとは5年前の選考会は全員切ってない状態でリレーにいった。ハイレベルな4人が揃ったなと思います」

-2つめの優勝

「特にこの種目もなんですけど、優勝は狙ってなかった。4位に入れるか、派遣を切れるかの勝負になるかと思っていた。思っていたより予選から速いタイムだったので、53秒台は出ると思っていた。53秒8を目標にしていて、53秒9だったのでもうちょっといきたかったなと」

-400メートルリレーは五輪では初日から予選。

「100のバタフライも今まで1番最初にレースがあったりして、初日は日本チームとして大事。自分がチームを引っ張るつもりで。五輪も2回目になるので、楽しみながらリレーチームを引っ張っていけたら」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加