ホンダ発ベンチャー、振動で誘導するシューズイン型ナビ開発へ...視覚障がい者の移動を支援

ホンダ発ベンチャー、振動で誘導するシューズイン型ナビ開発へ...視覚障がい者の移動を支援

  • レスポンス
  • 更新日:2021/06/14
No image

靴に装着した「あしらせ」とスマートフォンアプリ

もっと画像を見る
ホンダは6月11日、新事業創出プログラム「IGNITION(イグニッション)」発のベンチャー企業第1号「Ashirase(あしらせ)」の設立を発表。Ashiraseは、視覚障がい者の歩行をサポートするシューズイン型のナビゲーションシステム「あしらせ」を開発しており、2022年度中の発売を目指す。

イグニッションは、2017年に本田技術研究所で開始した新事業創出プログラム。国内ホンダ正規従業員は誰でも応募でき、最終審査を通過したアイデアは、社内で事業化、あるいは起業しベンチャーとして事業化する。2021年4月からはイグニッションの全社展開を開始。ホンダ従業員の持つ独創的な技術・アイデア・デザインを形にし、既存事業の枠を超えて、社会課題の解決と、新しい価値の創造につなげていく。

イグニッション発のベンチャー企業第1号 Ashiraseが開発を進めるのは、靴の中に取り付ける立体型のモーションセンサー付き振動デバイスと、スマートフォンアプリで構成されたナビゲーションシステム。アプリで移動ルートを設定し、靴の中に取り付けたデバイスが振動してナビゲーションを行う。直進時は足の前方の振動子が振動、右左折地点が近づくと、右側あるいは左側の振動子が振動して知らせる。進行方向を直感的に理解できるため、ルートを常に気にする必要がなくなり、より安全に、気持ちに余裕を持って歩行可能となる。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加