中日逃げ切り最長の6連勝、広島鈴木誠也2発も敗戦

中日逃げ切り最長の6連勝、広島鈴木誠也2発も敗戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

広島対中日 中日先発のロドリゲス(撮影・加藤孝規)

<広島6-8中日>◇16日◇マツダスタジアム

広島は初回に1点を先制。中日は2回に木下拓の4号3ランなどで勝ち越し。広島は3回に鈴木誠の22号2ランで追い上げた。

中日は3回以降、追加点を奪えない。広島は6回に1死二、三塁の得点機を逃し、4回から6回まで無得点。

中日は8、9回に2点ずつ追加。広島は9回に鈴木誠が23号3ランを放つも追い上げ届かず、中日が逃げ切り今季最長の6連勝。

中日ロドリゲスが3勝目、R・マルティネスが20セーブ目、広島床田が7敗。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加