「来年、東大を受ける」 叫んだ学生服の高2少年 東大前刺傷事件

「来年、東大を受ける」 叫んだ学生服の高2少年 東大前刺傷事件

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/01/15
No image

"少年による3人の殺人未遂事件が起きた周辺にある東京大学の「農正門」=2022年1月15日午後4時30分、東京都文京区、山本裕之撮影"

大学入学共通テストの初日となる15日朝、会場となる東京都文京区の東京大学弥生キャンパス前の路上で事件は起きた。受験生らを刺したとして、殺人未遂容疑で逮捕されたのは高校2年生の少年(17)。現場で何が起きたのか――。

刃物の持ち込み防げるか…子どもを加害者にしない手立てに悩む学校

「刺された」

15日午前8時35分ごろ、東京都文京区の警視庁本富士署弥生町交番に男性(72)が駆け込んできた。

男性が刺されたのは、交番から約80メートル先の東京大学弥生キャンパスの「農正門」前の路上。門をくぐった先には農学部などがあり、約1時間後には共通テストの地理歴史・公民の試験開始を控えていた。

警察官が現場に駆けつけると、短髪で学生服姿の少年が座り込んでいた。

捜査関係者によると、少年は交番に駆け込んできた男性と、共通テストを受験するために訪れた高校3年生の男女計3人を刺した後、「来年、東大を受ける」などと大声で叫んだ。その後、包丁を投げ捨てて、その場に座り込んだという。

目撃者によると、少年は入り口の壁に寄りかかるような状態で警察官に取り押さえられ、暴れる様子はなく、無言でうなだれていたという。

農正門の向かいにある酒店店主の渡辺泰男さん(82)は午前8時半ごろ、消防車や救急車のサイレンを聞き、外に出た。すると門の奥に1人、門の手前に1人倒れ、警察官らが声を掛けていた。少年とみられる若い男は2~3人の警察官に抱えられ、交番へ連れていかれた。その際、警察官から「どこから来た?」と大声で繰り返し問いかけられていたが応じず、終始無表情だったという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加