西武・内海、今季初勝利の権利を持って降板 得意のDeNAに5回3失点の粘投見せた

西武・内海、今季初勝利の権利を持って降板 得意のDeNAに5回3失点の粘投見せた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 西武―DeNA(2021年6月10日 メットライフ)

No image

西武先発・内海(撮影・尾崎 有希)

西武の内海哲也投手(39)が10日のDeNA戦に先発登板し、5回3失点の粘り強い投球で今季初勝利の権利を持って降板した。

DeNA戦は巨人時代に28勝14敗と得意の相手だった内海。しかし初回から2死一、三塁のピンチを背負い、ソトに左前適時打を浴びて先制を許す。2回、3回と無失点に抑えた。味方の援護もあり、4―1で迎えた4回は先頭のソトに左前打を打たれると続く牧に1発を浴びて2点失った。5―3で迎えた5回は先頭の伊藤光に四球を与えたが、佐野を一ゴロ、宮崎を捕邪飛、ソトを左飛で打ち取りこの回を抑えた。

内海は5回86球を投げて、6安打3失点で勝利権利を持って降板。6回からは2番手で宮川がマウンドにあがった。

▼西武・内海哲也投手 今年のメットライフドーム初登板でしたが、前回登板のこともあったので、今日は何とかしなければ、と思いマウンドに上がりました。DeNA打線はよく打つのは分かっていたので、とにかく粘り強く、粘り強く投げようと思っていました。粘っていれば味方打線が打ってくれると思っていたので、今日は何とか粘れてよかったです。

(渡邉勇太朗が昨日好投したが)勇太郎は勇太朗でがんばったので、僕は僕のピッチングをしようと思いました。刺激にはなりましたね。柘植とのバッテリーは去年も組んだことがありましたし、試合前もしっかり話をしましたので、いいリードをしてくれました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加