楽天が終盤たたみかけ2連勝首位浮上、西武今季初の連敗

楽天が終盤たたみかけ2連勝首位浮上、西武今季初の連敗

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

西武対楽天 ヒーローインタビューを終えファンにあいさつする楽天辰己(撮影・滝沢徹郎)

<西武3-6楽天>◇7日◇メットライフドーム

楽天は1回、4番浅村が先制適時打を放った。3回には、1番辰己が左翼席への3号ソロ本塁打で、追加点を挙げた。

3点を追う西武は5回、新人の若林が左翼席へプロ1号となるソロ本塁打を放った。さらに山野辺の適時打で1点差に詰めよった。

終盤にたたみかけた楽天が2連勝を収め、首位に浮上した。敗れた西武は今季初めての連敗とカード負け越しで、首位陥落した。

楽天則本昂が2勝目、西武今井が1敗。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加