漫画『沈黙の艦隊』実写映画化決定! 海江田艦長は大沢たかおさん。制作は『銀魂』『キングダム』のクレデウス。日本初のPrime Videoによる劇場映画製作となる

漫画『沈黙の艦隊』実写映画化決定! 海江田艦長は大沢たかおさん。制作は『銀魂』『キングダム』のクレデウス。日本初のPrime Videoによる劇場映画製作となる

  • ファミ通.com
  • 更新日:2023/01/25

2023年1月25日、Prime Videoはかわぐちかいじ氏による潜水艦マンガ『沈黙の艦隊』の実写映画化を発表した。主人公の天才潜水艦艦長・海江田四郎は大沢たかおさんが演じる。

この記事の画像(2枚)を見る

『沈黙の艦隊』は1988年~1996年に『モーニング』(講談社)で連載され、単行本の累計発行部数は3200万部を超える人気作。日米により極秘開発された原子力潜水艦“やまと”(シーバット)を巡る激しい潜水艦戦が迫力の筆致で描かれる。当時の国際政治や軍事情勢などがリアルに表現されており、幅広い読者を得た。

作品の制作発表に合わせ、大沢たかおさんや原作者かわぐちかいじ氏のコメント、さらにティザー動画も公開となっている。映画『沈黙の艦隊』は2023年9月29日公開予定。

Amazon Original『沈黙の艦隊』ティザー動画

ちなみに、『沈黙の艦隊』は2000年9月28日に講談社よりプレイステーション用ソフトとしてゲーム作品が発売されている。3D映像も使用した艦戦シミュレーションゲームとなっていた。

マンガ『沈黙の艦隊』超合本版1巻 Kindle版(Amazon.co.jp)

『沈黙の艦隊』(プレイステーション)はこちら(Amazon.co.jp)

以下、リリースを引用

Prime Video、かわぐちかいじ作『沈黙の艦隊 実写映画製作 決定

日本のPrime Videoで初となる劇場版映画として2023年9月29日(金) 全国の東宝系にて公開 主演・大沢たかお「今を生きる全ての人に観ていただきたい」製作発表を記念してティザー映像を初公開

No image

Prime Videoは、人気漫画『沈黙の艦隊』の実写版映画を製作し、2023年9月29日(金)から全国の東宝系にて劇場公開することが決定しました。Prime Videoが日本の劇場版映画を製作するのは初の試みとなります。

「沈黙の艦隊」は、漫画家のかわぐちかいじ氏によって、1988年から1996年まで週刊漫画雑誌「モーニング」(講談社)にて連載され、累計発行部数3200万部(紙・電子)を誇る大人気漫画です。

物語は、日本初の原子力潜水艦が、日米共同で極秘裏に建造されたことから始まります。乗員は日本人でありながら米艦隊所属という数奇の宿命を背負った超高性能原潜。艦長・海江田四郎は、この原潜と乗員76人を伴い航海中に逃亡。理想とする世界の実現へ向けて海江田が描いた大胆不敵なシナリオと、海中での天才的な戦闘術に、日米は翻弄され、重大な決断と選択を迫られることとなります。核戦争や国際政治、世界平和など、鋭くも、重く真摯な問題提起がなされ、連載当時には各方面で論争を呼び、国会でも話題になるなど社会現象を起こしました。

『沈黙の艦隊』の主人公、艦長・海江田四郎役を演じるのは、大沢たかお氏。大沢氏は同作のファンであることから、防衛省・海上自衛隊との協力体制の構築や、原作者のかわぐち先生へ企画プレゼンを行うなど、自ら本作のプロデュースも務めます。

監督は、昨年劇場公開された『ハケンアニメ!』で数々の受賞を果たした今注目の吉野耕平氏。制作は、映画『キングダム』シリーズや『銀魂』シリーズなど、ヒット作を数多く手がけるクレデウス。さらに本作は日本で初めて海上自衛隊・潜水艦部隊の映画撮影協力を得て、実際の潜水艦を使用しており、リアルな艦体と、現代のVFX技術との融合により、迫力の海中アクション・エンターテインメントを制作します。

この度、製作発表を記念してティザー映像も初解禁となりました。「地球の70%は海だ。これほど広大な海を前にして、どうして人は争うのだろうか」という台詞の後に、艦内の様子を鋭い目で見つめる主人公・海江田四郎(演:大沢たかお氏)が映し出され、緊張感が伝わる映像となっています。ティザー映像内では防衛省・海上自衛隊の潜水艦も映し出されており、リアルな世界観と、迫力ある映像美、本作の規模感の大きさが期待できます。
P
rime Video 日本オリジナルコンテンツ製作責任者 早川敬之は次のようにコメントしています。

「かわぐち先生の代表作の一つである「沈黙の艦隊」の実写化を弊社に託していただき、大沢さん、松橋さんという日本のエンターテインメント界が誇るクリエイターの皆様とタッグを組んで日本のAmazonスタジオチーム史上最大のプロジェクトを実現できることを心より感謝しています。衝撃と迫力に満ちた本作をお客様にお届けできることを楽しみにしています。」

主演/プロデューサーの大沢たかお氏は次のようにコメントしています。

「30年という時空を超えて、実写化不可能と語られ続けた伝説のコミック「沈黙の艦隊」を、今年ついに実写化させていただくことになりました。かわぐちかいじ先生、そして全ての関係者の皆様に心から感謝申し上げます。日本初の原子力潜水艦を奪い逃亡、そして核という脅威を武器に世界と対峙する主人公「海江田四郎」を演じさせていただきます。世界中が大きな変化の波に突入した、この令和という時代。今を生きる全ての人に観ていただきたく、最高のスタッフ、キャストが集結し只今撮影真っ最中です。9月29日の出港まで今しばらくお待ちください!!」

原作者のかわぐちかいじ氏は次のようにコメントしています。

「大沢さんを中心とした俳優陣と撮影スタッフたちが、一丸となってこの作品に挑んでいる姿を現場で拝見しました。30年以上前に生み出したこの艦を、ふたたび世界へと航行させるために、彼らクルーたちを頼りにしています。」

監督の吉野耕平氏は次のようにコメントしています。

「原作者のかわぐち先生をはじめ、多くの方々が積み重ねてきた想いを少しでもスクリーンへと届けられるようにチーム一丸となって制作を続けています。暗い海の中の熱い物語を、是非劇場の暗がりの中で体感していただければと思います。」

クレデウス 代表取締役/プロデューサーの松橋真三氏は次のようにコメントしています。

「連載で原作を読んでいた当初から、常に心に留まり続けてきた物語でしたが、今ほど、実写化せねばならないと思ったことはありません。エンターテインメントを作る者として、日本に、世界に、いま届けたい驚きと感動があります。想いを同じくする仲間、日本の映像技術、エンタメの多様性、自身の経験。運良く、然るべきときに全ての条件が整いました。」

世界規模の普遍的なテーマ、自国を守る者たちの熱情、予測不可能なストーリー展開、迫力の潜水艦アクション。実写化不可能とされていた漫画「沈黙の艦隊」の映像化にPrime Videoと共に日本のエンターテインメント界が誇るクリエイターが挑みます。劇場版映画『沈黙の艦隊』は2023年9月29日(金)から全国東宝系より公開されます。本作の続報にご期待ください。

『沈黙の艦隊』概要

No image

公開日:2023年9月29日(金)

出演:大沢たかお ほか

原作:かわぐちかいじ「沈黙の艦隊」(講談社)

プロデューサー:大沢たかお、松橋真三

監督:吉野耕平

制作:クレデウス

配給:東宝

映画『沈黙の艦隊』公式サイト

映画『公式Twitter:@silent_KANTAI

漫画「沈黙の艦隊」について

かわぐちかいじ氏による漫画作品。週刊漫画雑誌「モーニング」(講談社)にて、1988年から1996年まで連載され、累計発行部数3200万部(紙・電子)を誇る人気漫画。1990年に第14回講談社漫画賞一般部門を受賞。1996年にアニメ化もされている。

日本の近海で発生した海難事故で海上自衛隊の潜水艦・やまなみが沈没した。艦長の海江田四郎二等海佐以下、全乗員76名の生存が絶望的との報道に衝撃が走る。だが実は、乗員は無事生存していた。彼らは、日米が極秘に作った原子力潜水艦の乗員に選ばれており、事故は彼らを日本初の原子力潜水艦に乗務させるための偽装工作だったのだ…。

Prime Videoについて

Prime Videoは、映画からドラマ、バラエティ、アニメなどのテレビ番組まで、豊富な作品をお客様にご提供しています。お客様が、観たい作品を観たい方法でご覧いただけるよう多様な選択肢をご提供しています。

(C)かわぐちかいじ/講談社 (C)2023 Amazon Content Services LLC OR ITS

ファミ通.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加