AKB48・岡田奈々、初のグループ公演外の舞台出演に「新たなステージへ挑戦していく」

AKB48・岡田奈々、初のグループ公演外の舞台出演に「新たなステージへ挑戦していく」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2021/11/25
No image

舞台「青い鳥」で主演を務めるAKB48の岡田奈々

女性キャストのみで演じる「Femme ver.」で主演

不朽の名作「青い鳥」を、リーディングに生バンドの演奏、そして歌唱が交わる新ジャンルの“Reading Pop”として表現する「Reading Pop『青い鳥』~メーテルリンク『青い鳥』より~」が、2022年2月3日~13日までヒューリックホール東京にて上演することが決定した。AKB48の岡田奈々が主演を務める。

今作は、青い鳥探しの旅に出るチルチルとミチルを姉妹として描き、女性キャストのみで演じる「Femme ver.」と、男性キャストのみで演じる「Homme ver.」を上演する。「Femme ver.」で主人公のチルチルを演じるのは、AKB48チーム4および、STU48のメンバーとして活躍し、今作がAKB48グループ公演以外での初リーディング舞台出演となる岡田。

岡田は出演にあたり、「今までAKB48グループの舞台にしか立ったことがないので、周りに同じグループのメンバーがいないということに不安と緊張を感じているのと共に、朗読劇と音楽が融合した今回の作品にとてもワクワクしています。新たなステージへ挑戦していく姿をぜひ見ていてほしいです」と意気込みを語った。

また、チルチルの妹ミチルを、アイドルグループ「超ときめき宣伝部」メンバーとして活躍し、映画やドラマにも出演している菅田愛貴が演じる。そして、チルチルとミチルに青い鳥探しを依頼する“仙女”をはじめ複数の役を担うのは、宝塚歌劇団の雪組トップスターとして活躍し、退団後もさまざまなジャンルの舞台へ出演する実力派の水夏希が務める。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加