レイカーズの八村塁が古巣へ感謝「ウィザーズの一員になれたことをとても誇りに思います」

レイカーズの八村塁が古巣へ感謝「ウィザーズの一員になれたことをとても誇りに思います」

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2023/01/25
No image

NBAキャリアをスタートさせたウィザーズへ別れを告げた八村[写真]=Getty Images

1月25日(現地時間24日、日付は以下同)。ロサンゼルス・レイカーズは、24日に成立したトレードでワシントン・ウィザーズから加入した八村塁を、フランチャイズ史上初の日本人選手としてSNSへ投稿。「ようこそ the #LakeShow, 八村塁選手」と、日本語も交えて紹介した。

そこへ掲載されていた写真では、八村が背番号28のユニフォームを着用していることから、どうやら新天地では28が背番号になるようだ。

レイカーズはボストン・セルティックスと並んでNBA史上最多タイとなる17度の優勝を誇る名門チーム。だが八村がこれまでウィザーズで着用していた背番号8はコービー・ブライアントがキャリア最初の10シーズンで身にまとっており、永久欠番となっていた。28は、八村の誕生日(2月8日)から選択したのかもしれない。

これまで、レイカーズで背番号28番をつけてプレーしたのは計5選手。2009、2010年の2連覇へ貢献したビッグマンのDJ・ベンガ、2011-12シーズンに在籍したシューターのジェイソン・カポーノ、約2シーズン半在籍したビッグマンのタリーク・ブラック、2020年の優勝メンバーとなったガードのクイン・クック、2020-21シーズンに在籍したスモールフォワードのアルフォンゾ・マッキニー。

ただ、この5選手のなかには優勝経験がある選手こそいるものの、レイカーズ在籍時に主力を務めてきたわけではない。そのため、八村がこの球団でインパクトを残していくことができれば、いつか“レイカーズの28番=八村塁”となるかもしれない。

その八村は、25日に自身のSNSを更新。2019年から約3年半も在籍してきたワシントン・ウィザーズへ「DCありがとう」と感謝のメッセージを投稿していた。

「DCのファンの皆さん、ウィザーズのチームメイト、コーチ陣、メディカルスタッフの皆さん、ウィザーズに関わる全ての関係者の方々、3年半のサポート本当にありがとうございました。

オーナーのテッド・レオンシスとGMのトミー・シェパードにもとても感謝しています。僕にとってオーナーとGMは素晴らしい存在でした。

DCは、僕がキャリアをスタートするのに最適な場所であったと思います。DCの人々の温かさや街は忘れません。

ウィザーズの一員になれたことをとても誇りに思います。DCありがとうございました! 八村塁」

NBA入りから3シーズン半をウィザーズでプレーした八村は、計177試合(うち先発は118試合)の出場で平均27.8分13.0得点5.1リバウンド1.4アシストにフィールドゴール成功率47.9パーセント、3ポイントシュート成功率35.6パーセント、フリースロー成功率77.6パーセントを記録。

キャリア4年目の途中にトレードで移籍したレイカーズで、日本人フォワードの新たなチャプターが幕開けとなる。

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加