【今日のジロ】ウリッシが2度目の区間V、総合首位はアルメイダ

【今日のジロ】ウリッシが2度目の区間V、総合首位はアルメイダ

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/10/17
No image

ジロ・デ・イタリア、第13ステージ(チェルビアからモンセリーチェ、192キロメートル)。表彰式で勝利を喜ぶUTEのディエゴ・ウリッシ(2020年10月16日撮影)。

【AFP=時事】ジロ・デ・イタリアは16日、第13ステージ(チェルビアからモンセリーチェ、192キロメートル)が行われ、UTEのディエゴ・ウリッシ(イタリア)が区間優勝を果たし、ドゥクーニンク・クイックステップのジョアン・アルメイダ(ポルトガル)が総合首位のマリア・ローザ(ピンクジャージー)を維持した。

ジロのステージ制覇は今大会2度目にしてキャリア8回目となるウリッシは、最後のスプリント勝負でアルメイダとボーラ・ハンスグローエのパトリック・コンラッド(オーストリア)をタイヤ半分の差で抑えた。

アルメイダはボーナスタイムを獲得し、総合争いで2位につけるチーム・サンウェブのウィルコ・ケルダーマン(オランダ)、同3位につけているバーレーン・マクラーレンのペリョ・ビルバオ(スペイン)との差を広げた。

平たんなコースが続く150キロ付近までは7人の逃げ集団がレースを主導したが、最後の17キロに連なる二つの峠では徐々に脱落者が出た。

17日の第14ステージは、コネリアノからバルドッビアーデネまで34.1キロの距離を競う個人タイムトライアルとなる。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加