新潟市水道局職員の自殺 市に約3500万円の賠償命じる パワハラは認定せず【新潟市】

新潟市水道局職員の自殺 市に約3500万円の賠償命じる パワハラは認定せず【新潟市】

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2022/11/25
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

新潟市水道局に勤務していた男性職員が上司のパワハラなどを受けて自殺したとして、遺族が市に損害賠償を求めた裁判で、新潟地裁は24日、市に約3500万円の支払いを命じました。

2007年に新潟市水道局に勤めていた当時38歳の男性職員が上司からいじめやパワハラを受け自殺したとして、遺族が市に約8000万円の損害賠償を求めた裁判。

新潟地裁は24日、男性が上司から精神的に追い詰められ自殺を決意したとして、市の責任を認め市に約3500万円の支払いを命じました。

【男性職員の妻】

「ただ悔しいのは勝訴判決でも夫が帰ってきてくれないところ」

一方、争点の1つになっていたパワハラについては十分な証拠がないとして認定されませんでした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加