アフリカマイマイ見つかる 県「素手で触らないように」

アフリカマイマイ見つかる 県「素手で触らないように」

  • KKB鹿児島放送
  • 更新日:2022/11/25
No image

農作物に被害を与える東アフリカ原産のカタツムリアフリカマイマイが鹿児島市で見つかりました。

県は素手で触らないよう注意を呼びかけています。

鹿児島市七ツ島の鹿児島港で見つかったのは東アフリカ原産のカタツムリアフリカマイマイ1匹で、今月18日に門司植物防疫所の職員が見つけました。

県本土で見つかったのは2007年以来15年ぶりです。

アフリカマイマイは殻の高さが10センチ、重さが80グラム程度まで成長し、野菜類をはじめ多くの農作物を食い荒らします。

アフリカマイマイの寄生虫が人に寄生すると脳に障害を引き起こす恐れもあり、県は見つけても素手で触らないよう注意を呼びけています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加