猪木祭りに木村〝フィリップ〟ミノル参戦「異種格闘技戦をやりたい」萩原京平との対戦を熱望

猪木祭りに木村〝フィリップ〟ミノル参戦「異種格闘技戦をやりたい」萩原京平との対戦を熱望

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/11/25
No image

会見した木村“フィリップ”ミノル

10月1日に亡くなったアントニオ猪木さんの追悼大会「INOKI BOM―BA―YE×巌流島」(12月28日、東京・両国国技館)にK―1WORLD GPスーパーウェルター級元王者・木村〝フィリップ〟ミノル(29)が参戦することが25日、都内で発表された。

木村は「僕もブラジル人なので猪木さんはヒーローのような存在ですし、この追悼大会に出られるのはすごく意味のあることだと思っている」と語り「ルールは何でもいい。この大会では自分の実力を存分に発揮できると思ってすごく楽しみにしている」と目を輝かせた。

21日にK―1との契約を満了した木村はボクシングへの転向を表明。今大会での対戦相手は未定であるものの「猪木さんの名前を広めたのは異種格闘技戦だと思っているので、僕も異種格闘技戦をやりたい。できればRIZINの選手と戦いたいです」と明かし〝ケンカ番長〟の異名を持つ格闘家、萩原京平(26)との対戦を熱望した。

大会プロデューサー谷川貞治氏は「猪木さんというレジェンドの名前をお借りして、将来を見据えるような若い可能性のある人を中心にマッチメークをした」と概要を説明し、巌流島ルール、キックボクシング、総合格技(MMA)、プロレスルールなどを採用した試合を行う予定だ。

その他の対戦カードはイゴール・タナベVSメルビン・マヌーフ、ジョシュ・バーネットVSシビサイ頌真、関根〝シュレック〟秀樹VSヤン・ソウクップ、宇佐美秀メイソンVSアルバート・クラウス、マーカス・レロ・アウレリオVSガロア・ボファンド。さらにラファエル・ロバト・ジュニアが参戦する。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加