バド団体世界一決定戦 桃田が1時間20分の激戦制す

バド団体世界一決定戦 桃田が1時間20分の激戦制す

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/10/14
No image

動画を見る(元記事へ)

これぞ、日本のエースです。

バドミントン団体世界一決定戦。日本のエース・桃田賢斗が今大会初登場。

1ゲームずつ取り合い迎えた最終第3ゲーム、大接戦のなか、相手に先にマッチポイントを握られます。

それでも鮮やかなスマッシュでここをしのぐと、その後追い付き、今度は桃田のマッチポイント。

エース・桃田が1時間20分の激戦を逆転で制しました。

その後、2試合目も勝利した日本が現在、リードしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加