ソフトバンク・甲斐 小久保ヘッド効果だ2安打4打点と大暴れ

ソフトバンク・甲斐 小久保ヘッド効果だ2安打4打点と大暴れ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

◇紅白戦 紅組10―1白組(2021年2月20日 アイビー)

No image

6回1死満塁、左中間に3点適時三塁打を放つ甲斐(撮影・岡田 丈靖)

ソフトバンクは20日、宮崎キャンプで紅白戦を行った。野手では紅組の7番で出場した甲斐が2安打4打点と大暴れ。今キャンプでは小久保ヘッドコーチの指導で打撃を改良。「結果が出て良かった。小久保さんからは下半身の使い方などいろんなアドバイスと練習方法を試してもらっている」と効果を実感した。

「自分の考えになかったことを細かく分かりやすく教えてくれる。シーズンを見据えて今だからできることをやっていきたい」。開幕に向けて新ヘッドと打撃の状態を上げていく。

投手では岩崎もアピールした。最速151キロをマークし、1回をわずか7球で3者凡退に抑えた。「フォームの感覚を探しているところ。一球一球違う感覚で投げているし、もう少し球数が欲しかったし、いろんなことを試したかった」。昨季終盤は勝ちパターンの一角として4年連続日本一に貢献。しかし序盤には2軍降格も味わった。「とにかく去年のような思いはしたくない」との強い思いが原動力だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加