ももたろうの未来もひとつじゃない!展開が選べる『えらぶっく』が無料公開

ももたろうの未来もひとつじゃない!展開が選べる『えらぶっく』が無料公開

  • STRAIGHT PRESS
  • 更新日:2022/05/14
No image

I&CO Tokyoは、みらいを えらべる ものがたり『えらぶっく』を公開した。『えらぶっく』は、世代を問わず親しまれている「ももたろう」「さんびきのこぶた」「アリとキリギリス」を題材に、SDGsの考え方に触れながら結末を自分で作り上げていくデジタル絵本だ。

選択によってストーリーと結末が変わる

『えらぶっく』では、物語の途中にある分岐点で読者自身が次の展開を選び、その選択によってストーリーと結末が変わる。

それぞれの選択肢はSDGs17の目標に紐づいており、楽しみながらSDGsの考え方に触れる機会と、「未来は自分たちの手で変えられる」という原体験の提供を目指す。『えらぶっく』の特徴を見てみよう。

登場人物の行動を自分で選ぶ

No image

お話を読み進めると、途中で登場人物の行動を選べる分岐点が出てくる。分岐点ごとに選択肢が二つあり、次のシーンではそれぞれ違った展開が待っている。

いくつもの展開と結末

No image

たとえば「ももたろう」では、物語の序盤でおじいさんが「山のゴミ拾いをする」を選ぶとキジが鬼退治に加勢する展開になったり、

No image

ももたろうが「学校に通う」を選ぶと、剣ではなく他のアイデアで鬼退治をする展開になったりする。

No image
No image

また、選んだ展開の積み重ねによって結末も変わる。

SDGsについて学べる「メダルずかん」

No image

分岐点に用意された二つの選択肢のうち一つは、SDGsに関連の深いアクションになっている。

No image

そちらを選択するとSDGsメダルを手に入れることができ、読後はそのお話の中で手に入れたすべてのSDGsメダルについて、詳しい内容を確認することができる。

「未来は自分たちの手で変えられる」

同社は、SDGsは日本においても認知度が上がってきた一方、個人レベルで行動に移せている人はまだわずかだと感じているという。また、欧州では幼少期からSDGsの話題が身近にあるが、日本では子どもたちとSDGsについて会話をすると道徳的になりすぎてしまうという声も聞かれる。

こうした中『えらぶっく』は、未来の担い手である子どもたちに「未来は自分たちの手で変えられる」という意識をもってもらいたいという想いのもと、誕生した。子どもたちが絵本を楽しんだ結果としてSDGsを学び、今の行動が未来を変えるという気付きを得ることによって、より豊かな人生を歩むきっかけとなることを目指している。

自らの選択が未来につながる手応えを提供したい

『えらぶっく』では複数の展開と結末を体験できる仕掛けによって、自らの選択が未来につながる手応えを提供したいと考えている。『えらぶっく』を体験した子どもたちが「世の中をよりよくするためにみんなで目指しているゴールがあること」「それが自分たちの行動の延長線上にあること」に気付いてくれることを願っているという。

SDGsの考え方に触れながら結末を自分で作り上げていく『えらぶっく』をチェックしてみては。

【『えらぶっく』概要】
対象年齢:4歳~小学4年生
利用料金:無料
対象デバイス:PC、スマートフォン、タブレット
推奨環境:【OS】iOS 14以上、android 9.0以上【ブラウザ】safari 最新版、google chrome 最新版
URL:https://era-book.com/

sumiya

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加