NEC通信システム、3Dセンサでコンテナ内の積載容積率を可視化する技術

NEC通信システム、3Dセンサでコンテナ内の積載容積率を可視化する技術

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/01/14
No image

NEC通信システムは1月13日、3Dセンサを活用しトラック等の荷物の積載容積率を可視化する技術を開発したことを発表した。2021年度中の製品化を目指す。

日通、海外引越の作業に専用タブレットを導入- 音声認識機能などを搭載

同技術は、1台のセンサで対象物の3D深度(距離)情報を取得でき、低コストで積載容積率を可視化できるもの。

センサ位置についてもバース等に固定して設置するほか、倉庫内やトラック、航空機、船舶等のコンテナ内部に設置することが可能だという。

3Dセンサを活用するため、コンテナ内部のような暗部でも高精度な可視化を実現するという。これにより、トラック一台ごとの積載率を高め、輸送効率の改善に貢献するとしている。

NEC通信システムは、1月20日~22日に東京ビッグサイトにて開催予定の「第5回 スマート工場EXPO -IoT/AI/FAによる製造革新展-」、ならびに「第13回 オートモーティブワールド」において、同技術を出展するということだ。

早川厚志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加