森薗、香港のエースに力負け 前回大会超えならず<世界卓球2021>

森薗、香港のエースに力負け 前回大会超えならず<世界卓球2021>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2021/11/25
No image

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

24日、世界選手権は大会2日目を迎え、男子シングルス2回戦に森薗政崇(BOBSON)が登場。黄鎮廷(ウォンチュンティン・中国香港)にゲームカウント1-4で敗れた。

前回大会超えならず

対戦相手の黄鎮廷は、ペンホルダーとして長年に渡り世界のトップレベルで活躍し続ける、香港代表のエース。過去にはTリーグにも参戦しており、日本での知名度も高い選手だ。

No image

写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

早めにペースを掴みたい森薗だったが、先に試合の主導権を掴んだのは黄鎮廷。第1ゲームを先取すると、そのまま3ゲーム連取であっという間に王手をかけた。続く第4ゲームは、森薗が大きくリードを奪ってゲームをものにするが、第5ゲームは再び黄鎮廷優勢で試合が進み、そのまま黄鎮廷が第5ゲームに勝利。ゲームカウント4-1で黄鎮廷が3回戦に駒を進めた。

2019年の世界卓球で男子シングルスベスト32だった森薗は、前回大会の成績を越えることはできなかった。

男子シングルス2回戦

No image

写真:黄鎮廷(中国香港)/撮影:ラリーズ編集部

森薗政崇 1–4 黄鎮廷(中国香港)〇
8-11/7-11/4-11/11-6/8-11

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加